page_top
  • 私立
  • 東京

クリップする

慶應義塾大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

学部・学科

環境情報学部

歴史

設置 1990

学科・定員

環境情報425

学部内容

 総合政策学部と同時に設置された学部である。ともに、湘南藤沢キャンパス(SFC)を新たに設け、そこに開設された。

 この両学部は共通の理念のもとにカリキュラムが編成され、4年間をともに学ぶ。総合政策学部、および<SFCのカリキュラムの特徴>も参照のこと。

 人間と人間をとりまく環境、それらに大きな影響を与える情報とのかかわり合いについて学んでいく。

 総合政策学部と同様、カリキュラムの核は研究会である。どんな科目群があり、科目同士の関連性はどうなっているかを学生が理解できるように、研究領域は5分野19プロジェクトから編成されている。

 5分野は環境デザイン分野、人間環境科学分野、先端生命科学分野、先端情報システム分野、先端領域デザイン分野からなる。

 <SFCのカリキュラムの特徴>

 「研究会」を中心に据え、開講する科目群を「基盤科目」と「先端科目」のふたつに大きく区分して、各科目の位置づけをはっきりとさせる一方、「開講形態の多様化」にも柔軟に対応したカリキュラムとなっている。

 また、「研究会」を経て、研究の集大成である「卒業プロジェクト」に至る流れをより実りあるものとするために、その出発点ともなる、自分にあった「研究会」を見つけるまでの道しるべ的な役割を果たすための「アスペクト」を導入している。

 クラス単位での学びの機会を大切に考え、同じクラスの仲間とともに、外国語、情報技術基礎、データサイエンス、ウェルネスといった科目を一緒に学ぶことで、仲間との絆を培うとともに、学びの可能性を発見、再発見できるような機会を設けている。

 ごく一部の科目をのぞいて、授業科目は学年別に設定されておらず、授業科目は、学年にかかわらず自分自身の学習・研究に必要な科目を必要なときに履修できるようなカリキュラムになっている。

クリップする

慶應義塾大学

環境情報学部

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

おすすめの専門学校をPICK UP

    慶應義塾大学の注目記事

    今月の入試対策

    supported by螢雪時代

    大学を比べる・決める

    My クリップリスト

    0大学 0学部 クリップ中