page_top
  • 私立
  • 東京

クリップする

慶應義塾大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

学部・学科

理工学部

歴史

設置 1949
改組 1981

学科・定員

計932 機械工 , 電子工 , 応用化学 , 物理情報工 , 管理工 , 数理科学 , 物理 , 化学 , システムデザイン工 , 情報工 , 生命情報

学部内容

 理工学部では、「学門」別入学制度を導入している。

 「学門」には、「学びの庭への入口」という意味合いが込められている。入試の際は、この学門別に募集する。各学門には2年次以降進むことができる学科が、以下のように割りふられ、学科によっては、複数の学門からの進級が認められる。所属学科は2年進級時に決定する。

学門 → 学科

学門1 → 物理情報工(50%)、物理(20%)、電子工(20%)、機械工(10%)

学門2 → 管理工(50%)、数理科学(35%)、情報工(15%)

学門3 → 応用化学(55%)、化学(20%)、生命情報(15%)、物理情報工(10%)

学門4 → 機械工(50%)、システムデザイン工(30%)、応用化学(10%)、管理工(10%)

学門5 → 情報工(35%)、電子工(30%)、システムデザイン工(25%)、生命情報(10%)

( )内%は各学門からの進学(2年次)割合。

 カリキュラム概要は次の通り。

 (1)総合教育科目−1~4年次にわたる総合教育科目(選択)は、専門学科の枠にはまらない学際領域などを学ぶ。外国語系科目も導入して、コミュニケーション能力も育成。

 (2)外国語科目−レベル別クラス編成を行い、少人数による集中的教育を可能としている。

 (3)基礎教育科目−1年生全員への共通教育から分野別教育へ移行。コンピュータ教育も充実。

 (4)専門教育科目−必修科目を厳選している。また、新たな科学技術の開拓に積極的に挑戦することを目的に、多彩な選択科目を設置。

 機械工学科では、「実体験の重視」「基礎の重視」「個性の重視」「コミュニケーションの重視」のもと、機械工学の基盤である力学体系を理解するとともに、地球環境・社会環境も視野に入れた総合的な現象解明を行う。

 ナノ・マイクロテクノロジー、宇宙・地球環境科学、ライフメカニクスの3領域を軸に最先端の研究を行っている。

 電子工学科では、素材を扱う科学、超微細なプロセス技術、精密なデバイス制御・応用技術を総合的に学ぶ。

 カリキュラムは、物性・量子工学、電磁気学、回路・計測、情報・通信など階層構造をなす基礎学問の十分な理解が得られるように配慮されている。

 応用化学科では、化学の考え方を基本とし、さまざまな分野でリーダーシップのとれる人材を育成する。

 十分な基礎を修得後、幅広い分野から興味ある教育を受けられるように、マテリアルデザイン、環境・分析・プロセス工学、オーガニックサイエンス、バイオサイエンスという4つの研究分野を用意している。

 物理情報工学科では、物理学、化学、計測技術の基礎を学び、それらを発展させた研究を通して、社会へ貢献できる技術者を目指す。基盤である力学、電磁気学、量子力学、熱統計力学分野の体系と物質の性質を理解して、新機能物質やデバイス・機器の設計に応用する能力を養う。

 管理工学科では、システムと人間、応用統計と最適化、情報処理、経営と経済の4領域に重点を置いたカリキュラムを組んでいる。

 各領域では、IE(インダストリアルエンジニアリング)、経済性工学、品質管理、OR(オペレーションズリサーチ)、ソフトウェア工学、人工知能、経営管理論、経営工学などを学ぶ。

 数理科学科は、数学専攻と統計学専攻の2専攻からなる。

◆数学専攻では、解析学・幾何学・代数学など、純粋数学の諸分野における基礎を学ぶと同時に、それらが自然科学の諸分野に向けてどんな応用をもっているのか、その可能性を追究する。

◆統計学専攻では、数学・統計学を基礎として、工学・社会科学の諸問題を解決する能力の修得に重点を置く。

 物理学科では、自然現象の法則や原理を統合的に探究するだけでなく、固体、生体、原子分子などを対象に、多彩な条件下の物性を調べる実験研究と基礎理論、およびそれらに基づく計算物理学にも積極的に取り組む。

 化学科では、根幹となる基礎化学を修得することはもちろん、さらにそれを先端分野へ展開するプロセスを学ぶことを目標としている。

 物理化学、無機化学、材料化学、有機化学、生命化学の5領域をバランスよく学ぶ。

 システムデザイン工学科のカリキュラムは、機械工学と電気工学の学問分野を中心としながら、数学的な方法論と計算機科学を基礎とする学問分野、実社会に関連した学問分野(芸術と工学、社会・経済と工学など)、新しい学問分野(マシンデザイン、エレクトロニクスデザインなど)を包含して組まれている。

 情報工学科では、情報の発生、獲得、伝達、蓄積、処理、表示など全般にわたって、その理論構築と技術開発に取り組む。

 カリキュラムは、情報理論、信号処理、回路設計、通信、情報処理、コンピュータシステム、インタラクション、ネットワークなど、幅広い領域を学べるように配慮されている。

 生命情報学科では、1年次に基盤となる物理・化学・数学をしっかりと学ぶ。2年次では生物系、化学系、物理・情報系に大別される生命情報を極めるための基礎的な学力を養う。3・4年次では、生命情報の各論について、学科内外の専門家の講義を受講する。

クリップする

慶應義塾大学

理工学部

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

おすすめの専門学校をPICK UP

    慶應義塾大学の注目記事

    今月の入試対策

    supported by螢雪時代

    大学を比べる・決める

    My クリップリスト

    0大学 0学部 クリップ中