page_top
  • 私立
  • 東京

クリップする

慶應義塾大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

学部・学科

文学部

歴史

設置 1949
改組 2000

学科・定員

人文社会800

学部内容

 人文社会学科1学科に、17の専攻(哲学、倫理学、美学美術史学、日本史学、東洋史学、西洋史学、民族学考古学、国文学、中国文学、英米文学、独文学、仏文学、図書館・情報学、社会学、心理学、教育学、人間科学)を開設。

 専攻別の必修・指定科目数は極力抑えられ、それ以外は原則的に自由選択になっている。これによって、自分の専攻以外の科目も、自由に選択できるよう配慮されている。

 専任スタッフのほか多彩な講師が在籍しており、一専多学を目指して広い視野から複眼的・統合的に思考する能力を高めていく。

 1年次から演習形式の特論や、幅広い内容を含む総合的教育科目などを受講することができる。

 また、専攻に分かれる2年次以降も、専門分野にとどまらない広い領域をカバーできるよう、全専攻共通科目を設置し、自由で柔軟な知的態度を養えるよう配慮している。

経済学部

歴史

設置 1949

学科・定員

経済1,200

学部内容

 1年次から経済学の専門教育を行い、基礎的な視点と方法を学ぶ。さらに、3・4年次では学ぶ領域を本格的に広げ、専門性を深めていく。経済理論、計量・統計、学史・思想史、経済史、産業・労働、制度・政策、現代経済、国際経済、環境関連、社会関連からなる10分野の基本科目によって、各自が自分の関心から専門分野を選択することができる。ゼミナールでの討議や共同研究、卒業論文執筆を通じて、国際的に活躍できるエコノミストを育成する。

 また、「研究会(ゼミナール)」「PCP(プロフェッショナル・キャリア・プログラム)」「研究プロジェクト」という3つの柱がカリキュラムの特徴。「研究会(ゼミナール)」では、少人数クラスで2年間専門分野を学び、成果を卒業論文にまとめる。「PCP(プロフェッショナル・キャリア・プログラム)」では、英語による実践的な経済学教育を少人数で行う。「研究プロジェクト」では、研究者の立場を体験する。経済学にとどまらず、さまざまな分野から学生が選んだテーマについて、教員の直接指導のもと、1年間かけて論文を執筆する。

 これらの専門教育により、国際舞台においても経済学を武器に議論できる能力を養い、世界経済をリードする経済人を育成する。

法学部

歴史

設置 1949

学科・定員

計1,200 法律600 , 政治600

学部内容

 法学部では、各学科の専門を学ぶほか、外国語(地域文化論を含む)、人文科学、社会科学、自然科学、数学・統計・情報処理など、両学科に共通の科目を履修する。

 カリキュラムは個性的履修が可能なように編成されている。

 また、国際化に対応するために、外国語教育も重視していて、3か国語以上の語学を学ぶこともできる。

 なお、法律・政治の学科区分は入学時から決定される。

 法律学科では、1・2年次に憲法I・II、民法I・II、刑法I・IIを必修科目として履修する。さらに、民法演習、法学演習、商法演習などの各専門科目を選択科目として学ぶ。

 3・4年次では、法律学の専門科目のほかに、あらゆる社会科学の学科目も配列されている。

 政治学科のカリキュラムでは、政治学基礎、政治思想基礎、日本政治基礎、地域研究・比較政治基礎、国際政治基礎などを基礎科目として学ぶ。ほかに、法律学科と同様に、社会科学全般の学科目を配列している。

商学部

歴史

設置 1957

学科・定員

商学1,000

学部内容

 商学部では、できるだけ必修科目を少なくし、各自の選択の余地を広げている。情報処理と数学・統計学教育の充実も特色。

 「情報リテラシー基礎」で情報処理に関する基本的技能を身につけ、商学部の講座で開設されている「データとの対話」で、より実践的な解析処理を学ぶことができる。

 また、分析能力の基礎となる数学教育、命題の検証に不可欠な統計学の知識を重視し、数学、応用数学、統計学も4年間にわたって履修できるように配慮されている。

 ゼミナールを重視している。専攻科目では、演習的な授業として外国語演習、専攻演習、研究会、関連課題研究などを設置している。それぞれ少人数制で、教員から個別的指導を受けながら、密度の高い研究が行われる。

 専門科目として、財務会計各論、ミクロ・マクロマーケティング論などが設置されている。

医学部

歴史

設置 1952

学科・定員

医学113

学部内容

 医の倫理、医療人としての責務、「患者さん中心の医療」の実践を、入学から6年間一貫して学ぶカリキュラム「メディカル・プロフェッショナリズム」がカリキュラムの特徴。1~3年次では各専門科目や医療制度、研究倫理などの基礎を学び、4・5年次では医療プロフェッショナリズムや医師の社会的役割を学ぶ。そして、6年次では、修得した知識や医療倫理観に基づきグループ討論を行い、医療人としてのプロフェッショナリズムを涵養する。

 日吉キャンパスで学ぶ1年次では、基礎教育科目として、外国語科目、人文・社会科学科目、基礎科学必修科目、医学基礎教育科目を履修。これにより、医師や医学研究者に必要とされる幅広い教養、倫理観、科学的思考能力の基礎を養う。EEP(Early Exposure Program)では、「介護者の見習い」として医療現場を体験することができる。

 2年次からは信濃町キャンパスで専門教育科目を学ぶ。2~4年次では、5年次からはじまる臨床実習の基礎となる密度の高い授業により、臨床医学の基本的知識と医療面接も含む臨床技能を身につける。

 5~6年次2学期では、慶應義塾大学病院の診療科や関連病院での臨床実習により臨床技能を高める。豊かな人間性、責任感など、医療に携わる者として不可欠な能力を養う。

2018年医師国家試験合格率(新卒) 100.0%

理工学部

歴史

設置 1949
改組 1981

学科・定員

計932 機械工 , 電子工 , 応用化学 , 物理情報工 , 管理工 , 数理科学 , 物理 , 化学 , システムデザイン工 , 情報工 , 生命情報

学部内容

 理工学部では、「学門」別入学制度を導入している。

 「学門」には、「学びの庭への入口」という意味合いが込められている。入試の際は、この学門別に募集する。各学門には2年次以降進むことができる学科が、以下のように割りふられ、学科によっては、複数の学門からの進級が認められる。所属学科は2年進級時に決定する。

学門 → 学科

学門1 → 物理情報工(50%)、物理(20%)、電子工(20%)、機械工(10%)

学門2 → 管理工(50%)、数理科学(35%)、情報工(15%)

学門3 → 応用化学(55%)、化学(20%)、生命情報(15%)、物理情報工(10%)

学門4 → 機械工(50%)、システムデザイン工(30%)、応用化学(10%)、管理工(10%)

学門5 → 情報工(35%)、電子工(30%)、システムデザイン工(25%)、生命情報(10%)

( )内%は各学門からの進学(2年次)割合。

 カリキュラム概要は次の通り。

 (1)総合教育科目−1~4年次にわたる総合教育科目(選択)は、専門学科の枠にはまらない学際領域などを学ぶ。外国語系科目も導入して、コミュニケーション能力も育成。

 (2)外国語科目−レベル別クラス編成を行い、少人数による集中的教育を可能としている。

 (3)基礎教育科目−1年生全員への共通教育から分野別教育へ移行。コンピュータ教育も充実。

 (4)専門教育科目−必修科目を厳選している。また、新たな科学技術の開拓に積極的に挑戦することを目的に、多彩な選択科目を設置。

 機械工学科では、「実体験の重視」「基礎の重視」「個性の重視」「コミュニケーションの重視」のもと、機械工学の基盤である力学体系を理解するとともに、地球環境・社会環境も視野に入れた総合的な現象解明を行う。

 ナノ・マイクロテクノロジー、宇宙・地球環境科学、ライフメカニクスの3領域を軸に最先端の研究を行っている。

 電子工学科では、素材を扱う科学、超微細なプロセス技術、精密なデバイス制御・応用技術を総合的に学ぶ。

 カリキュラムは、物性・量子工学、電磁気学、回路・計測、情報・通信など階層構造をなす基礎学問の十分な理解が得られるように配慮されている。

 応用化学科では、化学の考え方を基本とし、さまざまな分野でリーダーシップのとれる人材を育成する。

 十分な基礎を修得後、幅広い分野から興味ある教育を受けられるように、マテリアルデザイン、環境・分析・プロセス工学、オーガニックサイエンス、バイオサイエンスという4つの研究分野を用意している。

 物理情報工学科では、物理学、化学、計測技術の基礎を学び、それらを発展させた研究を通して、社会へ貢献できる技術者を目指す。基盤である力学、電磁気学、量子力学、熱統計力学分野の体系と物質の性質を理解して、新機能物質やデバイス・機器の設計に応用する能力を養う。

 管理工学科では、システムと人間、応用統計と最適化、情報処理、経営と経済の4領域に重点を置いたカリキュラムを組んでいる。

 各領域では、IE(インダストリアルエンジニアリング)、経済性工学、品質管理、OR(オペレーションズリサーチ)、ソフトウェア工学、人工知能、経営管理論、経営工学などを学ぶ。

 数理科学科は、数学専攻と統計学専攻の2専攻からなる。

◆数学専攻では、解析学・幾何学・代数学など、純粋数学の諸分野における基礎を学ぶと同時に、それらが自然科学の諸分野に向けてどんな応用をもっているのか、その可能性を追究する。

◆統計学専攻では、数学・統計学を基礎として、工学・社会科学の諸問題を解決する能力の修得に重点を置く。

 物理学科では、自然現象の法則や原理を統合的に探究するだけでなく、固体、生体、原子分子などを対象に、多彩な条件下の物性を調べる実験研究と基礎理論、およびそれらに基づく計算物理学にも積極的に取り組む。

 化学科では、根幹となる基礎化学を修得することはもちろん、さらにそれを先端分野へ展開するプロセスを学ぶことを目標としている。

 物理化学、無機化学、材料化学、有機化学、生命化学の5領域をバランスよく学ぶ。

 システムデザイン工学科のカリキュラムは、機械工学と電気工学の学問分野を中心としながら、数学的な方法論と計算機科学を基礎とする学問分野、実社会に関連した学問分野(芸術と工学、社会・経済と工学など)、新しい学問分野(マシンデザイン、エレクトロニクスデザインなど)を包含して組まれている。

 情報工学科では、情報の発生、獲得、伝達、蓄積、処理、表示など全般にわたって、その理論構築と技術開発に取り組む。

 カリキュラムは、情報理論、信号処理、回路設計、通信、情報処理、コンピュータシステム、インタラクション、ネットワークなど、幅広い領域を学べるように配慮されている。

 生命情報学科では、1年次に基盤となる物理・化学・数学をしっかりと学ぶ。2年次では生物系、化学系、物理・情報系に大別される生命情報を極めるための基礎的な学力を養う。3・4年次では、生命情報の各論について、学科内外の専門家の講義を受講する。

総合政策学部

歴史

設置 1990

学科・定員

総合政策425

学部内容

 環境情報学部と同時に設置された学部である。ともに、湘南藤沢キャンパス(SFC)を新たに設け、そこに開設された。

 この両学部は共通の理念のもとにカリキュラムが編成され、4年間をともに学ぶ。環境情報学部、および<SFCのカリキュラムの特徴>も参照のこと。

 カリキュラムの核として、研究会がある。ここは、「何が問題かを考え、その解決方法を創出する」問題発見解決型の学習を徹底するための場となる。

 また、さらにその経験をもとに、論文の執筆や作品の制作などを行う卒業プロジェクトに取り組む。

 研究領域は、研究会で成果を上げられるように、5分野16プロジェクトと幅広い。

 5分野は国際戦略分野、政策デザイン分野、経営・組織分野、社会イノベーション分野、都市・地域戦略分野からなる。

 <SFCのカリキュラムの特徴>

 「研究会」を中心に据え、開講する科目群を「基盤科目」と「先端科目」のふたつに大きく区分して、各科目の位置づけをはっきりとさせる一方、「開講形態の多様化」にも柔軟に対応したカリキュラムとなっている。

 また、「研究会」を経て、研究の集大成である「卒業プロジェクト」に至る流れをより実りあるものとするために、その出発点ともなる、自分にあった「研究会」を見つけるまでの道しるべ的な役割を果たすための「アスペクト」を導入している。

 クラス単位での学びの機会を大切に考え、同じクラスの仲間とともに、外国語、情報技術基礎、データサイエンス、ウェルネスといった科目を一緒に学ぶことで、仲間との絆を培うとともに、学びの可能性を発見、再発見できるような機会を設けている。

 ごく一部の科目をのぞいて、授業科目は学年別に設定されておらず、授業科目は、学年にかかわらず自分自身の学習・研究に必要な科目を必要なときに履修できるようなカリキュラムになっている。

環境情報学部

歴史

設置 1990

学科・定員

環境情報425

学部内容

 総合政策学部と同時に設置された学部である。ともに、湘南藤沢キャンパス(SFC)を新たに設け、そこに開設された。

 この両学部は共通の理念のもとにカリキュラムが編成され、4年間をともに学ぶ。総合政策学部、および<SFCのカリキュラムの特徴>も参照のこと。

 人間と人間をとりまく環境、それらに大きな影響を与える情報とのかかわり合いについて学んでいく。

 総合政策学部と同様、カリキュラムの核は研究会である。どんな科目群があり、科目同士の関連性はどうなっているかを学生が理解できるように、研究領域は5分野19プロジェクトから編成されている。

 5分野は環境デザイン分野、人間環境科学分野、先端生命科学分野、先端情報システム分野、先端領域デザイン分野からなる。

 <SFCのカリキュラムの特徴>

 「研究会」を中心に据え、開講する科目群を「基盤科目」と「先端科目」のふたつに大きく区分して、各科目の位置づけをはっきりとさせる一方、「開講形態の多様化」にも柔軟に対応したカリキュラムとなっている。

 また、「研究会」を経て、研究の集大成である「卒業プロジェクト」に至る流れをより実りあるものとするために、その出発点ともなる、自分にあった「研究会」を見つけるまでの道しるべ的な役割を果たすための「アスペクト」を導入している。

 クラス単位での学びの機会を大切に考え、同じクラスの仲間とともに、外国語、情報技術基礎、データサイエンス、ウェルネスといった科目を一緒に学ぶことで、仲間との絆を培うとともに、学びの可能性を発見、再発見できるような機会を設けている。

 ごく一部の科目をのぞいて、授業科目は学年別に設定されておらず、授業科目は、学年にかかわらず自分自身の学習・研究に必要な科目を必要なときに履修できるようなカリキュラムになっている。

看護医療学部

歴史

設置 2001

学科・定員

看護100

学部内容

 カリキュラムは、4領域16分野で展開している。

 人間・社会科学領域は、「情報技術」「自然言語」「ヒューマンケアリング」「制度・社会」の分野から成り立ち、人間や社会を広く深く理解するための科目が配置されている。

 健康科学領域は「健康科学・病態学」「先端医療」の分野から成り、心身の健康と健康破綻時の病態、そしてその回復過程を理解する。

 看護科学領域には「基礎看護学」「母性看護学・助産学」「老年看護学」「小児看護学」「成人看護学」「精神看護学」「在宅看護学」「地域看護学」「グローバルヘルス」の分野があり、人間の健康をどうとらえるか、看護そのものをどうとらえるかなどについて、さまざまな視点からアプローチする。

 統合領域は「看護・医療統合」分野から成り、医療とは何か、看護とは何かを改めて問い直すための科目が配置されている。

薬学部

歴史

設置 2008

学科・定員

計210 薬学〈6年制〉150 , 薬科学〈4年制〉60

学部内容

 医・理工・看護医療学部や各種研究機関などと積極的に連携し、薬学にかかわる研究領域を広げ、研究水準の向上を図る。

 これにより、生命、地球環境、遺伝子組み換え、食の安全や感染症対策など、現代社会の諸課題の新たな解決方法を創出する。

 1年次に日吉キャンパスに通い、人文・社会・自然科学系の総合教育科目を、他学部の学生と一緒に学ぶ。そうすることで、薬学だけにとどまらない幅広い教養や知識を身につけられる。

 さらに、1年次には早期体験学習も行う。薬学科では病院・薬局の見学を、薬科学科では薬学の知識を生かせる分野を見学する。この実習には、将来の自分をシミュレートするとともに、学習に対するモチベーションを高める効果もある。

 薬学科〈6年制〉では、主に薬剤師を目指す人材を育成する。日本薬学会の「薬学教育モデル・コアカリキュラム」を土台としながらも、独自のヒューマニズム教育、薬学全般にわたる専門教育、実務実習などを展開する。

 医療現場で医療チームの一員として活躍できる高度な知識を備え、コミュニケーション能力の高い薬剤師を育成する。

 薬科学科〈4年制〉では、創薬だけでなく、環境・生命科学など、幅広い薬学関連領域について学ぶ。主として研究者・教育者・技術者を育成する。

 自然科学に加え、薬学としての特徴的専門科目を学ぶために、薬学科と共通の講義を数多く取り入れている。

2018年薬剤師国家試験合格率(新卒)91.10%

クリップする

慶應義塾大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

おすすめの専門学校をPICK UP

    慶應義塾大学の注目記事

    今月の入試対策

    supported by螢雪時代

    7月のテーマ
    毎月中旬更新

    現役合格のために[失敗]を[成功]へつなぐ術!

    大学を比べる・決める

    My クリップリスト

    0大学 0学部 クリップ中