page_top
  • 私立
  • 東京

クリップする

学習院大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

学部・学科

法学部

歴史

設置 1952
改組 1964

学科・定員

計480 法学250 , 政治230

学部内容

 どちらの学科も、法律学、政治学、社会学などに関する知識と諸社会科学の基本知識が修得できる。学生の志向に見合った角度から社会現象を分析する力や、その上に構築された諸理論を理解する力を養成して、社会の変容過程を洞察し、社会の多様化に適応できる能力を養えるように配慮されている。

 法学科では、法曹・公務員・一般企業、それぞれの志望に合わせた科目の選択が可能。法律的なものの考え方を身につけるために、綿密に組まれたカリキュラムで、第一線で活躍する教授陣が、きめ細かい法学教育を行う。

 政治学科では、3年間の学部教育と大学院教育を一貫して行う少人数制の「特別選抜コース」を導入。1年次の終わりに実施される選抜試験の合格者がその対象となる。政治や行政、あるいはメディアの世界で通用するだけの高い実践能力を養うことが大きな目的で、特別なカリキュラムが組まれている。

新入生の男女比率(2019年) 男51%・女49%

法学部の入学者データ

経済学部

歴史

設置 1952
改組 1964

学科・定員

計500 経済250 , 経営250

学部内容

 経済学部では、経済学科・経営学科の両学科で3年次卒業制度を導入。成績優秀な学生が大学院など、より高度な専門教育に進学することを可能にするための特別の措置となっている。学部3年間に修士課程の2年間を加え、合計5年間で修士号を取得することができる。さらに、経済学研究科では、2年間の修士課程コースを1年に短縮するという特別措置もあり、4年間での修士号取得の制度も整えられている。

 経済学科では、実際の経済諸現象の解明に経済理論がどう役立ち、その解決にはどのような政策が有効かを追究できる分析力と応用力を養う。また、それに必要な分析方法の修得と、歴史や理論の体系的理解を求めている。

 経営学科では、企業の経営戦略や組織の行動原理、またその具体的な管理、運営の方法を学ぶ。個々の企業の歴史的背景に加え、地域経済や国際経済との相互関係も経営学の重要な課題となっている。社会的要請の強い簿記や会計の素養を身につけるとともに、情報化の時代に対応するための、コンピュータ教育も重視している。

新入生の男女比率(2019年) 男55%・女45%

経済学部の入学者データ

文学部

歴史

設置 1949
改組 1952

学科・定員

計675 哲学95 , 史学95 , 日本語日本文115 , 英語英米文化115 , ドイツ語圏文化50 , フランス語圏文化65 , 心理90 , 教育50

*定員は2020年予定

学部内容

 哲学科は、西洋の哲学をはじめ、思想史研究や、東洋の諸思想を研究する哲学・思想史系と、絵画を中心とする美術史研究のほか、美学・芸術理論など多様な芸術領域を扱う美学・美術史系のふたつに分かれる。

 史学科は、文献史学を中心に広く史学を学ぶ。日本史、東洋史、西洋史の3分野があり、2年次から3年次にかけて専門分野を決定する。

 日本語日本文学科では次のふたつに分かれる。日本語日本文学系は関心のある時代、または分野を中心に、広く日本語や日本文学を学ぶ。日本語教育系は日本語や日本文化に関心のある人々に日本語を教えるための手法を学ぶ。

 英語英米文化学科では、ゼミのきめ細かな対応と能力別の英語専門スキル科目を通じて、英米文学や英語学はもちろん、英語圏の文化や社会、国際社会に通じる英語の実践力を深く、おもしろく学べる。

 ドイツ語圏文化学科では、1、2年次で入門ゼミを履修し、3年次から言語・情報、文学・文化、現代地域事情の3コース制を導入し、実践力を養う授業を展開。ドイツ語圏への留学、インターンシップを強力にサポートするなど、ドイツ語力を確実に高めながら自由な学習ができ、学生の「考える力」「口頭発表する力」「文章を書く力」を磨き上げるよう、親身で丁寧な指導を行う。

 フランス語圏文化学科では、1、2年次の充実したフランス語教育にはじまり、3年次からは言語・翻訳、舞台・映像、広域文化、文学・思想の4コース制で、自分の関心を徐々に絞りこんでいくことができる。徹底した少人数教育と懇切丁寧な指導で、フランス語圏のさまざまな社会・文化現象を学べる。

 心理学科では、それぞれ専門分野の異なる教員により、心理学の広い分野の教育・研究に対応できるようにしている。1年次から総合基礎科目と並行して心理学の専門科目を履修するなど、幅広く心理学を学ぶことができる。

 教育学科では、教育および社会に関する幅広い知見と教育に関する専門的な技能を獲得させ、発達の多様な可能性を探究・研究することを目的とする。体験型学習の重視、コミュニケーション能力、多文化共生社会の教育をカリキュラムの柱とする。

新入生の男女比率(2019年) 男34%・女66%

文学部の入学者データ

理学部

歴史

設置 1949

学科・定員

計210 物理48 , 化学54 , 数学60 , 生命科学48

学部内容

 理学部は、学生数に対する教員の数が極めて多いのが特徴。

 物理学科では、3年次までに物理学の体系と、物理学の手法を学ぶ。主に物理学の体系を学ぶ科目としては、力学基礎、解析力学、電磁気学、熱学および統計力学などがある。また物理学の手法については、数理解析学、物理数学、物理実験、数値解析および計算機などの科目で学ぶ。

 化学科では、基礎学力の養成を重視し、少人数制を生かした実験や実習を通して生きた知識が得られるよう、学習計画を組む。それらを修得した上で、4年生全員が各自の選択した専門分野の研究室に所属して卒業研究を行う。

 数学科では、実績のある数学者による行き届いた教育と指導がなされている。数学では問題演習が大切だが、そのための時間も十分とってあり、指導にあたる演習担当の教員も複数制をとり、丁寧な指導を行っている。

 生命科学科では、分子細胞生物学を教育と研究の中心にすえ、生命を分子の言葉で理解することを目指す。基礎として、数学、物理、化学、生物学をしっかり学ぶ。

新入生の男女比率(2019年) 男67%・女33%

理学部の入学者データ

国際社会科学部

歴史

設置 2016

学科・定員

国際社会科学200

学部内容

 国際社会科学科では、世界中の人と対等に渡り合い、国際的なビジネスの第一線で活躍できる人材の育成を目指す。そのため、英語と専門科目(社会科学)を同時に学習するカリキュラムと、4週間以上の海外留学を2つの柱として国際人としての基礎体力を培う。

新入生の男女比率(2019年) 男34%・女66%

国際社会科学部の入学者データ

クリップする

学習院大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

おすすめの専門学校をPICK UP

    学習院大学の注目記事

    特別企画

    今月の入試対策

    supported by螢雪時代

    大学を比べる・決める

    My クリップリスト

    0大学 0学部 クリップ中