page_top
  • 私立
  • 埼玉

クリップする

獨協大学

入試情報は、旺文社の調査時点の最新情報です。
掲載時から大学の発表が変更になる場合がありますので、最新情報については必ず大学HP等の公式情報を確認してください。

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

学部・学科

法学部

歴史

設置 1967

学科・定員

計355 法律210 , 国際関係法75 , 総合政策70

学部内容

 法学部の学習内容は法律、国際関係、地域政策と幅広い分野にわたる。

 法律学科では、1年次に法律学の学習に必要な入門科目を広く履修し、2年次になると各人のニーズに合わせて、行政法務、企業法務、法曹の3コースからいずれかを選択する。

◆行政法務コースは、将来、公務員、教員あるいはマスコミ関係の仕事を志望する者のためのコースである。

◆企業法務コースは、私法関係科目を中心に学び、将来、法的素養を生かして一般企業への就職を希望する学生のためのコースである。

◆法曹コースは、法科大学院への進学をはじめ、弁護士、裁判官、検察官などの法律専門職を志望する学生を対象としたコースである。

 国際関係法学科では、法学と政治学の視点からさまざまな国際問題を考察し、解決するための方法を国際的な視野から研究する。

 1年次に基礎科目、憲法・人権、民法Iなどの基礎的専門科目や外国語を中心に学ぶ。なかでも、基礎科目の国際関係法入門は必修で、六法のほか多くの法分野の概説を学び、開講している専門科目の概要を理解することができる。

 2年次以降は、少人数制の演習を通じて、特定の分野について専門的理解を深める。

 総合政策学科では、国際的な知識とセンスを持ち、中央のみならず地方のかかえる問題を総合的にとらえ、その解決に貢献できる人材を育成する。地域政策に関連する多彩な科目群を用意し、専門科目を体系的に学習しながら、法学部他学科の科目群からも必要な知識を吸収する。

 実践的な研究を行う演習は、1年次からスタート。2年次からは、地域・政策形成に関する科目を学ぶ政策・地域、政治の基礎知識を修得する政治・基礎法、法的素養を養う法律の3つの部門から選択し、専門科目を実践的に学ぶ。

新入生の男女比率(2020年) 男65%・女35%

法学部の入学者データ

クリップする

獨協大学

法学部

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

獨協大学の注目記事

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中