page_top
  • 国立
  • 熊本

クリップする

熊本大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

大学トップ

沿革

「五高」以来の伝統を今に受け継ぐ

 昭和24年に旧制の第五高等学校、熊本医科大学、他の専門学校等を包括、法文・教育・理・医・薬・工の各学部をもって発足した。文・法(同54年に法文学部が分離改組)と理は、明治20年に設立された第五高等中学校(後に第五高等学校と改称)がその母体。教育は、明治7年設立の熊本師範学校と、大正9年設立の熊本県農業教員養成所が起源である。医は、昭和4年に設立された官立の熊本医科大学を前身として設置。薬は明治18年設立の熊本薬学校(後に熊本薬学専門学校に改称)から発展している。工は、明治30年に第五高等学校に設置された工学部から発展して今日に至る。

特色

奨学金制度 海外 単位互換 大学院 学生寮 部・同好会
給付 貸与 留学 研修 学内 学外 修士 博士 男子 女子 文化系 体育会系 同好会
× × 37 43

学生数・教員数

教員数

教授298・准教授292・講師596(常勤61・非常勤535)・助教220。うち外国人教員46

学生総数

男4,644・女3,200、計7,844

新入生総数

1,742

LIFE & STUDY

■附属図書館 黒髪北キャンパスの中央館、本荘・九品寺キャンパスの医学系分館、大江キャンパスの薬学部分館の3館がある。蔵書数は、3館合わせて約130万冊となっている。特殊文庫としては、阿蘇家所蔵の古文書類を収めた「阿蘇家文書」などの貴重資料を所蔵している。

■学務情報システム インターネットを利用して、どこからでも学務情報の検索・閲覧・登録ができる。履修登録や確認、成績参照、シラバス参照、教官への面会予約などをサポートしている。

■留学 104の大学と協定を結んでおり、大学独自の国際奨学金もある。

■明治以来の伝統が息づく「五高記念館」 熊本大の構内にある五高記念館(旧制五高本館)は、1889年(明治22年)に建てられた赤レンガの洋館で、化学実験場・正門とともに国の重要文化財に指定されている。記念館内には、熊本大の前身である旧制第五高等学校(五高)の60年の歴史をしのぶ遺品・資料を展示。五高の教壇に立った夏目漱石のモンタージュボイスや自ら作成した当時の入試問題、小泉八雲の作品など、名物教授の遺品のほか、寺田寅彦や池田・佐藤両首相など、卒業生の業績が紹介されている。※臨時休館中

大学院・研究室

大学院

大学院の記号:M=修士課程(あるいは博士前期課程) D=博士課程(あるいは博士後期課程) P=専門職学位課程(法科大学院含む)

教育学MP・保健学MD・医学MD・薬学MD・自然科学教育部MD・社会文化科学MD

専攻科

特別支援教育特別

付置研究所

発生医学、パルスパワー科学

キャンパス所在地

黒髪北キャンパス

(文学部・教育学部・法学部)
〒860-8555  熊本市中央区黒髪2丁目40の1
TEL (096)342-2146 (学生支援部入試課直通)
JR鹿児島本線熊本駅からバスで熊本大学前下車

黒髪南キャンパス

(理学部・工学部)
〒860-8555  熊本市中央区黒髪2丁目39の1
JR鹿児島本線熊本駅からバスで熊本大学前下車

本荘・九品寺キャンパス

(医学部医学科)
〒860-8556  熊本市中央区本荘1丁目1の1

(医学部保健学科)
〒862-0976  熊本市中央区九品寺4丁目24の1
JR鹿児島本線熊本駅からバスで大学病院前下車

大江キャンパス

(薬学部)
〒862-0973  熊本市中央区大江本町5の1
JR鹿児島本線熊本駅から市電健軍町行きで味噌天神前下車、徒歩5分

クリップする

熊本大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

熊本大学の注目記事

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中