page_top
  • 国立
  • 兵庫

クリップする

神戸大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

学部・学科

文学部

歴史

設置 1949
改組 1954

学科・定員

人文100

学部内容

 文学部は、21世紀の先端的人間学を教授し、教員・博物館学芸員・ジャーナリストなど、人間の精神的な豊かさを社会に伝える職業人を送り出すことを目指す。

 人文学科には、5学科目・15専修がある。入学後に、各専修を決定する。

 学科目−専修の編成は次の通り。哲学−哲学専修。文学−国文学、中国文学、英米文学、ドイツ文学、フランス文学の5専修。史学−日本史学、東洋史学、西洋史学の3専修。知識システム−心理学、芸術学、言語学の3専修。社会文化−社会学、美術史学、地理学の3専修。

◆「哲学」学科目では、人間と世界のあり方を根本から考えるため、さまざまなレベルの問題を、ギリシア哲学から現代の哲学に至る知見と方法によって、広く深く研究する。

◆「文学」学科目では、小説、物語、詩、劇作、文芸思想といったさまざまなジャンルの作品を、日本、中国、イギリス・アメリカ、ドイツ、フランスにおける各時代を研究対象として考察する。

◆「史学」学科目では、古代から近代に至るまでの日本、東洋、西洋の歴史について研究する。

◆「知識システム」学科目では、人間がどのようにして外界の事象や人を知覚するのか、そして、それをどのように認識し思考するのか、さらに、それに対してどのように意思と感情を表出し創造するのかを探究する。

◆「社会文化」学科目では、人間がそれぞれの地域社会において生活しながら生み出すさまざまな文化的形象物について、社会現象、地域空間、美術文化などの面から考察する。

新入生の男女比率(2018年) 男36%・女64%

文学部の入学者データ

国際人間科学部

歴史

設置 2017

学科・定員

計370 グローバル文化140 , 発達コミュニティ100 , 環境共生80 , 子ども教育50

学部内容

 グローバル文化学科では、多文化間の境界を乗り越えるグローバル共生社会を実現するため、諸文化の多様な様相と社会のグローバル化についての正確な理解を基に、現代世界がかかえる文化的・社会的問題を自らのイニシアティヴで解決へと導くリーダーシップを備えた人材を養成する。

 発達コミュニティ学科では、「発達コミュニティ」は、人間の発達とは多様なコミュニティにおける社会的諸関係(学修や経験・協働)を通じて実現されていくことを理解した上で、人々の多様性や異質性を尊重した持続可能なグローバル共生社会の実現を目指す。人間の多様な発達と、発達を支えるコミュニティ(多様な人間が協働する社会)に関する研究・教育を行い、人間がよりよく生きるとともに、それを可能にする多様なコミュニティを、国際社会を舞台として形成・展開していく能力を身につけた人材を養成する。

 環境共生学科では、人間と環境の調和に根ざす持続可能なグローバル共生社会の実現を目指す。身近な環境から地球環境に至る幅広い環境まで、さまざまな問題を発見・立論し、解決に導くために必要な能力を身につけるとともに、国際的な視野から課題に取り組む行動力を身につけた人材を養成する。

 子ども教育学科では、次世代育成を通したグローバル共生社会の実現を目指し、グローバル社会にかかわる幅広い視野を持ちながら、子どもと学校がかかえる課題を多面的に認識し、実践的に解決していく能力を身につけた初等教育教員などを養成する。

新入生の男女比率(2018年) 男36%・女64%

国際人間科学部の入学者データ

法学部

歴史

設置 1949

学科・定員

法律180

学部内容

 授業科目は、基礎法、公法、私法、国際法、政治学・国際関係論の諸分野からバランスよく割り当て、1年次から段階的に学習を積み重ねられるように、カリキュラムに工夫を行っている。

 隣接の社会科学として、経済学部・経営学部で開講している専門科目の履修ができ、一定の範囲で法学部の卒業単位に組み込むことができる。

 また、履修コース制を採用しており、3年次から個々の将来のキャリア設計を考え、司法(法科大学院進学=法曹志望者向け)、企業・行政(公務員、民間企業就職志望者向け)、政治・国際(国際公務員、NGOやNPO職員、その他政治関連職志望者向け)のいずれかのコースを選択し、コースごとに設定された選択必修科目を履修する。

 学部には多彩な教員がそろっており、各分野において全国でもトップレベルの研究水準を保っている。また、多くの教員が国や地方自治体に設置されている審議会委員であったり、国際的な領域で重要な活動を委嘱されていたりするなど、幅広く活躍している。

新入生の男女比率(2018年) 男60%・女40%

法学部の入学者データ

経済学部

歴史

設置 1949

学科・定員

経済270

学部内容

 2年次までは経済学の基本を学び、中級ミクロ経済学I・II、中級マクロ経済学I・IIを含む必修科目に合格することが山場となる。3・4年次には各学年10名程度の少人数ゼミに所属して専門性を高めていく。指導教員や仲間とアイデアを練り、三大学研究討論会などでの発表を経て、卒業論文の完成を目指す。

 学べる分野は、経済理論、経済史、統計、財政、金融、産業、労働、環境問題、農業政策、社会政策、国際経済、地域経済など、幅広い。

 特別プログラムも充実しており、法学も同程度に専門的に学ぶ「法経連携専門教育プログラム」、社会の問題解決に実践的に取り組む「持続可能な開発のための教育コース」、専門的英語教育と海外留学を経て、5年間で修士号を取得する「5年一貫経済学国際教育プログラム」などがある。

新入生の男女比率(2018年) 男73%・女27%

経済学部の入学者データ

経営学部

歴史

設置 1949

学科・定員

経営260

学部内容

 わが国の『経営学発祥の地』として、歴史と伝統を誇る同学部では、理論と実証のバランスが取れた講義と体系的なカリキュラムのもと、さまざまな角度から経営現象へアプローチすることができる。

 経営専門職大学院(MBA)と大学院経営学研究科で教鞭をとる教授陣が、同学部の授業にも携わっている。社外取締役や企業研修講師などの肩書で、産業界と深いパイプを持つ教授陣と直に触れ合い、経営学についての科学的知識から、経営実務の先端で生かされる能力を身につけることができる機会が用意されている。学問としての経営に関して、わが国の学術界をリードする教授がそろっていることも同学部の強みとなっている。

 開講科目としては、経営戦略、経営管理、マーケティング、簿記、金融システム、コーポレートファイナンス、財務会計、国際経営、CSR論、交通論など、経営領域を幅広くカバーするたくさんの講義が用意されている。また、グローバル時代にあった英語によるマネジメントの講義も多い。

 企業の第一線で活躍する経営者を招いて、産業界の生きた知識に触れることのできる「トップマネジメント講座」は、産業界とのリエゾンが密接な同学の特徴を最大限に生かした講義である。また、公認会計士や税理士などの会計専門職を育成する「会計プロフェッショナル育成プログラム」や、グローバル人材を育成する「KIBER(留学)プログラム」など、スキルを身につけるための効果的なプログラムも用意されている。また、少人数の学生と教員が、相互交流・討議を通して学習を深めるゼミナール制度も特色のひとつである。

新入生の男女比率(2018年) 男73%・女27%

経営学部の入学者データ

理学部

歴史

設置 1949
改組 1954

学科・定員

計153 数学28 , 物理35 , 化学30 , 生物25 , 惑星35

学部内容

 自然科学のもっとも基礎的な学問分野の教育・研究を行う。日常の生活に直接役立つ研究を展開している工学部や農学部とは異なり、遠く将来を見越した創造的な研究を推進する。

 数学科では、体系的に数学を教育し、創造性に富む人材を育成する。

 物理学科は、物理現象と物理的基本法則の理解を目指して考究する。

 力学、電磁気学、量子力学、統計力学、物理実験など、物理学の基礎的な科目に重点を置く。4年次には研究室配属となり、特別研究(卒研)を行う。

 理論物理学、粒子物理学、物性物理学の3分野で編成されている。

 化学科は、物理化学、無機化学、有機化学の3分野で編成されており、9教育分野による教育・研究を行う。

 生物学科は、生体分子機構、生命情報伝達、生物多様性の3大分野編成で9教育分野による、分子から生物集団にかかわるまでの広い領域の教育・研究を行う。

 惑星学科では、「なぜこの星は地球なのか?」という問いに対し、地球の中心から太陽系の彼方までの多様な現象を対象として、地球・惑星・太陽系の進化を包括的にとらえ、これを理解することを理念とする。

新入生の男女比率(2018年) 男75%・女25%

理学部の入学者データ

医学部

歴史

設置 1964

学科・定員

計272 医学112 , 保健160 < 看護学80 , 検査技術科学40 , 理学療法学20 , 作業療法学20 >

学部内容

 医学科では、学生の自主的態度を重視し、臨床医学ならびに基礎医学について優れた技能を身につける。

 附属施設としては、明治2年創設の兵庫県立神戸病院・県立神戸医学校の歴史を受けつぐ36診療科と29の中央診療施設、病床934を持つ附属病院と、動物実験施設、感染症センターを持つ。

 この感染症センターは、医学研究国際交流センター開設以来30年におよぶ経験を生かし、アジア諸国を中心に、感染症を始めとして地球規模の医学的課題に対応する国際共同研究・教育活動を実施することを目的としている。

 保健学科では、学生の自主的態度養成を教育の基盤として、医学・医療・保健衛生学に必要な素養を培うとともに、臨床医学におけるチーム医療構成員とし、それぞれの専門分野における優れた技能と創造性を身につける。

新入生の男女比率(2018年) 男40%・女60%

2018年医師国家試験合格率(新卒) 95.6%

医学部医学科の入学者データ
医学部保健学科の入学者データ

工学部

歴史

設置 1949

学科・定員

計565 建築93 , 市民工63 , 電気電子工93 , 機械工103 , 応用化学106 , 情報知能工107

学部内容

 建築学科では、現代社会のニーズに応える豊かな建築環境の創造を目指し、計画、構造、環境の3つの分野を基本としながら、これらを総合的・実践的に統合する空間デザイン分野を設け、理論だけでなく、実践的なデザイン能力の習得も可能である。

 市民工学科は、人間安全工学講座と環境共生工学講座のふたつの講座から構成される。安全・安心で環境に調和した市民社会の創生のための基礎的な教育と研究を行う。従来の土木工学の内容のほか、21世紀型の新しいCivil Engineering(市民工学)を学ぶ。

 電気電子工学科は、電子物理、電子情報の2講座を設置。電気電子工学にかかわる技術・理論を総合的にとらえ、基盤技術となる材料、デバイス、回路技術や、電子情報システム、電気エネルギー、通信、情報処理、制御技術について幅広い教育を行う。

 機械工学科は、熱流体、材料物理、設計生産の3講座13研究分野を設置し、わが国の基盤産業を支え、将来の科学技術の発展を担う機械技術者・研究者を養成する。

 応用化学科は、物質化学、化学工学の2講座で構成される。化学工業および機能性材料の基礎と応用分野に秀でた人材の育成を目的として、実験、解析、設計を多く取り入れた教育を行う。

 情報知能工学科は、システム科学、情報科学、計算科学の3分野を教育研究の柱として、大規模・複雑なシステムの取り扱い、情報の高次処理・利用、高性能計算の基礎と応用などの専門教育を行う。来るべき超スマート社会の基盤となる高度な情報システムや知能システムを実現できる技術者・研究者を養成する。

新入生の男女比率(2018年) 男85%・女15%

工学部の入学者データ

農学部

歴史

設置 1966

学科・定員

計160 食料環境システム36 , 資源生命科学55 , 生命機能科学69

学部内容

 食料環境システム学科では、工学的手法による食料生産システムの構築と、社会科学的手法による食料・農業・農村システムの構築を目標としている。

 生産環境工学、食料環境経済学の2コースを設置している。

◆生産環境工学コースでは、生産基盤である資源の利用と保全、および作物栽培から流通に至る食料生産システムに関する教育・研究を行う。

◆食料環境経済学コースでは、食料、農業、農村、環境に関する社会経済的諸問題の解明・解決に関する教育・研究を行う。

 資源生命科学科では、人類生存の鍵を握る貴重で有用な生物資源である動物、植物、微生物とそれらの相互関係を遺伝子から生態系レベルまでを幅広く理解するとともに、生物資源の利用や開発にかかわる基礎理論を学ぶ。

 応用動物学、応用植物学の2コースを設置している。

 応用動物学コース、応用植物学コースの両コースでは、それぞれ動物と植物を中心に、生物資源の探索・生産から利用・開発に至るまで、さまざまな問題に取り組むことのできる専門的知識を身につける。

 生命機能科学科では、化学的、生物学的手法を用いて、生物や生体成分の機能や、環境と生物の関係を探り、それらの活用方法を開発する。

 安全な作物の生産、食品・化学・医薬に関連した産業の発展、持続的な食料生産システムの構築などの21世紀の社会の中核を担い、優れた思考力と表現力を持った人材を育成する。

 応用生命化学、環境生物学の2コースを設置している。

◆応用生命化学コースでは、生物が摂取・生産する物質や生物を取り巻く環境中の物質の化学構造と作用、および多様性に富んだ生命システムを分子レベルで解明する。

◆環境生物学コースでは、分子生物学・有機化学・微生物学・生態学などの基礎科学を駆使して、農環境における生命現象を理解する。

新入生の男女比率(2018年) 男47%・女53%

農学部の入学者データ

海事科学部

歴史

設置 2004
改組 2013

学科・定員

計200 グローバル輸送科学80 < 航海マネジメント50* , ロジスティクス50* > , 海洋安全システム科学40 , マリンエンジニアリング80 < 機関マネジメント40* , メカトロニクス55* >

*は最大収容数

学部内容

 海事科学は、海・船を舞台にした人間活動にかかわる輸送・情報・環境・エネルギーなどのさまざまな問題を科学的なアプローチで解決する学際的な学問領域である。自然科学と社会科学を高度に融合させた世界的に見てもきわめてユニークな教育体系に基づいて学び、海・船や環境・エネルギーに関する深い理解と幅広い教養を備えた国際的に活躍できる人材の育成を目指す。

 グローバル輸送科学科では、工学や情報科学、経済・経営・法学分野の科目が充実している。物流の現場を担う海事技術者を養成する科目を包含する「航海マネジメントコース」と、より広く交通、輸送にかかわる経営管理のスペシャリストを養成する「ロジスティクスコース」の2コース制で、それぞれにさらなる専門性の追究ができる。

 海洋安全システム科学科では、輸送の安全・安心に関する研究をベースに、安全・安心な社会の構築に寄与する人材を育成する。地球環境科学についての基礎を身につけた上で、港湾施設や沿岸海域の防災、減災、環境計測と自然エネルギー開発、放射線科学、環境保全のための機能性材料開発に関する研究・教育に取り組む。

 マリンエンジニアリング学科では、機械工学と電気・電子工学、環境科学をバランスよく学ぶ。大型船舶の海事技術者を養成する科目を包含する「機関マネジメントコース」と、熱・材料・流体・環境にかかわる要素技術の学理を学ぶ「メカトロニクスコース」の2コース制で、専門的な研究に取り組む。

新入生の男女比率(2018年) 男79%・女21%

海事科学部の入学者データ

クリップする

神戸大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

おすすめの専門学校をPICK UP

    神戸大学の注目記事

    今月の入試対策

    supported by螢雪時代

    大学を比べる・決める

    My クリップリスト

    0大学 0学部 クリップ中