page_top
  • 国立
  • 京都

クリップする

京都大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

学部・学科

*以下、新入生の男女比率は一般入試の結果をもとに算出している。

農学部

歴史

設置 1949

学科・定員

計300 資源生物科学94 , 応用生命科学47 , 地域環境工37 , 食料・環境経済32 , 森林科学57 , 食品生物科学33

学部内容

 資源生物科学科では、動物や植物、微生物など、食料や生活資材となる生物の仕組みを明らかにし、その潜在能力を引き出して、安定生産をするための知識や技術を学ぶ。

 応用生命科学科では、農業生産、発酵・食品・化学工業、環境保全などの現場から生じる問題を生命現象の原理に基づいて解明する。そして、その成果を新しいバイオテクノロジー技術に展開するための教育を行う。

 地域環境工学科は環境と調和した効率的な食料生産、地球の環境にかかわるエネルギー問題の解決などを目指す。

 水・土・緑系(施設機能工学、水資源利用工学、水環境工学、農村計画学の4分野)と食料・エネルギー系(農業システム工学、フィールドロボティクス、生物センシング工学の3分野)がある。

 食料・環境経済学科では人類の生活に密接にかかわる食料問題と環境問題を研究テーマとする。途上国の貧困問題、人口問題、農林水産物の貿易問題なども考察している。

 また、持続可能な資源循環型社会のあり方についての学際的探究も行う。

 森林科学科では、自然資源を有効活用するため、森林の保全、持続的管理などを学ぶ。

 森林資源の生産技術や、木材、紙、生分解性プラスチックなど、さまざまな林業生産物の利用法も探る。

 3年次には授業や実験・実習を通して、森林とその利用を総合的に理解する学びを展開している。

 食品生物科学科は、食品の開発や生産にかかわる技術者・研究者の育成を目指す。

 1・2年次には生化学、有機化学、分子生物学などを系統的に学ぶ。3年次からは専門的講義を受けるとともに高度な実験技術を身につける。

新入生の男女比率(2018年) 男64%・女36%

農学部の入学者データ

「特色入試」の入学者を除いて算出

クリップする

京都大学

農学部

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

おすすめの専門学校をPICK UP

    京都大学の注目記事

    今月の入試対策

    supported by螢雪時代

    大学を比べる・決める

    My クリップリスト

    0大学 0学部 クリップ中