page_top
  • 国立
  • 愛知

クリップする

名古屋大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

大学トップ

沿革

東海の学の殿堂として発展

 明治4年創設の愛知医学校が、大正9年に県立愛知医科大に昇格。昭和9年国立に移管、名古屋医科大となる。同14年医・理工2学部の名古屋帝大に昇格。同24年、旧附属医専・八高(明治41年創立)・名古屋高商(大正9年)・岡崎高師(昭和20年)を包括、文・教育・法経・理・医・工の6学部で新制大学としてのスタートを切る。以後、同25年法経学部を法学部と経済学部に分離、同26年農学部、同38年教養部を設置した。平成6年に教養部を廃止し情報文化学部が増設され、現在、9学部編成である。同29年には情報文化学部を発展改組し情報学部を設置した。

 学部を超えた全学共通科目(基礎セミナー、専門基礎科目など)を設け、高度な専門性を身につけるだけでなく、総合的かつ自主的な判断力を持つ豊かな人間性を有する人材の育成を目指している。

特色

奨学金制度 海外 単位互換 大学院 学生寮 部・同好会
給付 貸与 留学 研修 学内 学外 修士 博士 男子 女子 文化系 体育会系 同好会
3 × 63 54

学生数・教員数

教員数

教授652・准教授518・講師1,436(常勤161・非常勤1,275)・助教393。うち外国人教員136

学生総数

男6,758・女2,966、計9,724

新入生総数

2,183

LIFE & STUDY

■図書館 附属図書館では、教育・研究活動の支援を目的として、学術情報流通のセンター、中央図書館が中心になり医学部分館、部局図書室が連携してサービスを提供している。なかでも、中央図書館は地上5階、地下1階建てで120万冊以上の蔵書のほか、電子書籍なども多数所蔵している。

■学生寮 東山キャンパスから、南へ約700mの位置に3棟からなる「国際嚶鳴館(おうめいかん)」がある。1室1人部屋で、日本人学生と外国人留学生が暮らせるようになっており、各棟とも、リビング、キッチン、洗濯室などを備えている。

■名大祭 例年6月の初旬から数日間行われる。講演会の開催、展示、上映会などの企画に加えて、ソフトボールやテニスなどのスポーツ系の企画などもあり、多彩な内容となっている。

■最先端の研究を推進する施設が充実 学内には、世界の最先端の研究を推進するための付置研究所や共同施設などが設置されている。主なものは以下の通り。

●宇宙地球環境研究所 地球・太陽・宇宙をひとつの壮大なシステムとしてとらえ、地球環境問題の解決と宇宙に広がる人類社会の発展に貢献することを目指す。

●減災連携研究センター 最先端の減災研究を行うほか、防災アカデミー、防災・減災カレッジなどを開催するなど、教育・人材育成も行っている。

●未来材料・システム研究所 地球規模での環境制約のもと、持続可能な社会を目指した課題解決型の研究を推進している。

●心の発達支援研究実践センター 乳幼児期から青年・成人期までの心の問題の研究と援助実践に取り組んでいる。

●農学国際教育協力研究センター 開発途上国がかかえている食料・農林水産業・環境などの農学分野の問題を解決するための国際教育協力を推進する日本の拠点となっている。

大学院・研究室

大学院

大学院の記号:M=修士課程(あるいは博士前期課程) D=博士課程(あるいは博士後期課程) P=専門職学位課程(法科大学院含む)

人文学MD・教育発達科学MD・法学MDP・経済学MD・情報学MD・理学MD・医学系MD・工学MD・生命農学MD・国際開発MD・多元数理科学MD・環境学MD・創薬科学MD

付置研究所

環境医学、宇宙地球環境、未来材料・システム

キャンパス所在地

東山キャンパス

(本部・文学部・教育学部・法学部・経済学部・情報学部・理学部・工学部・農学部)
〒464-8601(理は〒464-8602、工は〒464-8603)  愛知県名古屋市千種区不老町
TEL (052)789-5765 (教育推進部入試課直通)
地下鉄名城線名古屋大学駅下車

鶴舞キャンパス

(医学部医学科)
〒466-8550  愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65
JR・地下鉄鶴舞駅下車、徒歩約5分

大幸キャンパス

(医学部保健学科)
〒461-8673  愛知県名古屋市東区大幸南1丁目1の20
地下鉄名城線ナゴヤドーム前矢田駅下車、徒歩約5分

クリップする

名古屋大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

名古屋大学の注目記事

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中