page_top

新型コロナウィルスの影響により、オープンキャンパス等、学校の予定が変更になる可能性があります。
必ず大学ホームページ等、公式の情報を事前にご確認ください。

  • 国立
  • 東京

クリップする

東京藝術大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

学部・学科

美術学部

歴史

設置 1949

学科・定員

計234 絵画80 , 彫刻20 , 工芸30 , デザイン45 , 建築15 , 先端芸術表現24 , 芸術20

学部内容

 絵画科は、以下の2専攻に分かれる。日本画専攻では、伝統技法と造形・表現力の修得を目的に、人物・風景画、古典模写などに取り組む。油画専攻では、素描を中心にさまざまなメディアと絵画表現のかかわりを学び、絵画、素材、現代美術のコースに分かれて、自身の表現内容と手段を深める。

 彫刻科では、彫刻の基礎実習を通じた造形感覚、技術の修得とともに、古美術や彫刻論の学習により豊かな教養を身につけ、塑造、木彫、石彫、金属、テラコッタ等の素材を学び、自由な創作活動をするための素地を養う。

 工芸科では、工芸領域にかかわる基礎を学んだ後、彫金・鍛金・鋳金・漆芸・陶芸・染織の6専攻に分かれる。

基本を学び、現代の多様化する社会における価値観や技術を吸収しながら、さらなる発展をなし得る能力を身につけたアーティストを養成する。

 デザイン科では、視覚・機能・空間・映像・企画などの各専門領域において、現代社会や生活、伝統文化とのかかわりなどを問いながら幅広い視野を養い、企画・立案からデザイン実践に至る総合的な構想力を高める。

 建築科では、建築設計の修得に重点を置き、住宅から学校、都市へと段階的に設計空間の対象を広げ、科学的知識や思考力を養うとともに、感受性の鋭さや表現の独自性を追求する。

 先端芸術表現科では、絵画、工作、写真、映像などの「美術」の領域に加え身体、音楽、コンピュータなどの多様な表現メディアの特性を分野横断的に学ぶほか、展覧会の企画運営等により創造的な思考力を鍛え、「これからの芸術とは何か」について理論的・実践的に追究する。

 芸術学科では、美学・美術史の知識を身につけ、諸芸術に関する理論的分析や解釈を深く学んで、美術作品の分析や評価を行う能力と感性を養い、制作者とは異なるさまざまな立場から美術にかかわる専門家を養成する。

新入生の男女比率(2019年) 男33%・女67%

美術学部の入学者データ

音楽学部

歴史

設置 1949

学科・定員

計237 作曲15 , 声楽54 , 器楽98 , 指揮2 , 邦楽25 , 楽理23 , 音楽環境創造20

学部内容

 作曲科では、ヨーロッパ近代音楽の表現法と戦後の新たな創作様式の学習を踏まえて、二重奏曲、室内楽曲、管弦楽曲、声楽作品、卒業作品を作曲するほか、作曲理論として楽曲解析、和声、フーガ、管弦楽法を実習する。

 声楽科では、個人レッスンを軸にソリストとしての声楽技術と音楽表現を磨き、同時に、合唱を通じてアンサンブル能力を養う。

 器楽科は、ピアノ、オルガン、弦楽器(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ハープ)、管打楽器(フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、サクソフォーン、ホルン、トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、チューバ、打楽器)、古楽(チェンバロ、バロックヴァイオリン、リコーダー)の5専攻に分かれ、個人レッスンを中心に、オーケストラ、吹奏楽、室内楽等や音楽理論を学び、高度な演奏技術と音楽表現を修得する。

 指揮科では、個人レッスンのほか、和声、スコアリーディング等を学び、優れた人格と統率力を備えた指揮者となるための経験と知見を深める。

 邦楽科では、三味線音楽(長唄、常磐津、清元)、邦楽囃子、日本舞踊、箏曲、尺八、能楽、能楽囃子、雅楽の各専攻に分かれて、実技と演奏理論を学ぶ。

 楽理科では、音楽史や音楽美学、音楽民族学等に関する講義、演習、実習を通じて、音楽を学問的に研究する方法を修得し、問題意識をひとつの研究として構成する力を身につける。

 音楽環境創造科では、音楽作品創作、アートマネジメントの研究、録音・編集、身体表現、音響心理学等のプロジェクトから専門分野を定め、芸術やそれを取り巻く環境を総合的に学ぶ。

新入生の男女比率(2019年) 男33%・女67%

音楽学部の入学者データ

クリップする

東京藝術大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

おすすめの専門学校をPICK UP

    今月の入試対策

    supported by螢雪時代

    大学を比べる・決める

    My クリップリスト

    0大学 0学部 クリップ中