page_top
  • 国立
  • 東京

クリップする

東京外国語大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

大学トップ

沿革

歴史と伝統の語学教育

 大学の歴史は古く、その源をたどれば、遠く明治6年に創立された東京外国語学校までさかのぼることができる。明治18年、同校は廃校となったが、明治30年に現在の一橋大学の前身である高等商業学校の附属外国語学校として復活し、明治32年には、旧制中学校卒業者を入学資格とする3年制の東京外国語学校として分離独立した。

 その後、昭和19年に3年制の東京外事専門学校に改組され、昭和24年に4年制の東京外国語大学となり、平成16年国立大学法人として再スタートした。現在のキャンパスは、同12年10月に、東京都府中市へ移転したもの。同24年、外国語学部を改組して現在の2学部となった。

特色

奨学金制度 海外 単位互換 大学院 学生寮 部・同好会
給付 貸与 留学 研修 学内 学外 修士 博士 男子 女子 文化系 体育会系 同好会
2 × × 36 43

学生数・教員数

教員数

教授113・准教授79・講師546(常勤43・非常勤503)・助教16。うち外国人教員143

学生総数

男1,316・女2,535、計3,851

新入生総数

787

LIFE & STUDY

■全地球地域をカバー 2012年4月、2学部体制がスタート。わが国屈指の「地域研究の教育拠点」を旗印に世界を14地域に区分、その対象地域としてアフリカ、オセアニア、中央アジアの3地域を加え、あわせて新たな専攻言語として、南アジアの「ベンガル語」を追加。全地球地域をカバーする14地域・27言語からなる教育組織体制となった。

■世界教養プログラム どちらの学部に入学しても、最初は共通カリキュラムにより、選択した言語とその地域をめぐる基礎的な教養を学ぶ。またグローバル化時代に生きる市民としての素養、コミュニケーションや数量的なスキル、加えて論理的思考力や問題解決能力などの獲得や向上を目指す。

■国際交流 毎年、アジア・欧米をはじめとする各国からの留学生が600名程度在学。東京外国語大からは、派遣留学制度に基づく協定校への留学、または休学しての留学をあわせて400名以上が諸外国の大学等に留学している。

 グローバル人材育成言語教育プログラムの英語で行われる授業は、留学生も受講しているため、授業での交流が可能。さらに、留学生をサポートするチューター制度、留学生も参加するサークル活動など、授業だけでなくさまざまな場面で留学生と交流できる。

■図書館 260を超える言語の資料があり、ICT環境・学習相談等、学習サポートの充実を図るとともに、多言語対応の電子図書館機能を整備。また、明治維新前後の洋学関係図書、南アジア史資料等の世界的に貴重な図書も所蔵している。

■学内競漕大会 毎年5月中旬に、埼玉県戸田市にある戸田オリンピックボートコースで、学内対抗競漕大会(ナックルフォア:5人1組で1艇のボートをこぐ)が開催される。この大会は、東京外国語学校時代の1902年に始まって以来、戦時中に一時中断されたものの、2017年で104回を数えた歴史と伝統のあるもの。

 新入生を迎えて行う全学あげての行事であるため、1年生を中心として、約1,500名の学生がボートコースに集まる。1年生の各言語・地域別のレース、男子、女子、男女混合のレースが行われる。

■外語祭 毎年11月の後半に開催される。

2017年で95回を迎える歴史のある学園祭である。5日間にわたる外語祭期間中は、各国・地域の民族衣装を着た学生たちがキャンパス内のあちらこちらで見られ、多くの民族舞踊サークルが、工夫を凝らした発表を行う。キャンパス内の中央広場には、1年生が中心となり、自分たちが勉強している地域の特色ある料理を振る舞うための各国・地域料理店が並ぶ。

大学院・研究室

大学院

大学院の記号:M=修士課程(あるいは博士前期課程) D=博士課程(あるいは博士後期課程) P=専門職学位課程(法科大学院含む)

総合国際学MD

付置研究所

アジア・アフリカ言語文化研究所、留学生日本語教育センター、多言語・多文化教育研究センターなど

キャンパス所在地

〒183-8534  東京都府中市朝日町3丁目11の1
TEL (042)330-5179 (入試課直通)
JR中央線武蔵境駅から西武多摩川線で多磨駅下車、徒歩5分。または京王電鉄で飛田給駅下車、京王バスで約10分、東京外国語大学前下車

クリップする

東京外国語大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

東京外国語大学の注目記事

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中