page_top
  • 国立
  • 青森

クリップする

弘前大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

大学トップ

沿革

風光明媚な環境に立地

 昭和19年創立の青森医専が、同23年に弘前医大となる。さらに、同24年に青森師範、青森青年師範、旧制弘前高校を合併して、文理、教育、医の3学部を持つ弘前大学として発足。

 同30年文理学部農学科が独立し、農学部になり、同40年に文理学部が改組され、人文学部、理学部が設置された。平成12年には、教育学部で従来の6課程を改組し、4課程を設置。同28年に、人文学部3課程を人文社会科学部2課程に、教育学部は3課程から2課程に、理工学部、農学生命科学部は設置する学科を改組。

 大学周辺は、西方に“津軽富士”こと岩木山の雄姿が望まれ、東方には八甲田の美しい山並みが連なっている。山すそにはリンゴ畑が点在し、水田地帯が果てしなく続く、風光明媚な津軽平野の恵まれた環境のなかに大学は位置している。

特色

奨学金制度 海外 単位互換 大学院 学生寮 部・同好会
給付 貸与 留学 研修 学内 学外 修士 博士 男子 女子 文化系 体育会系 同好会
× 約90 約60

学生数・教員数

教員数

教授224・准教授192・講師389(常勤122・非常勤267)・助教215。うち外国人教員38

学生総数

男3,464・女2,467、計5,931

新入生総数

1,359

LIFE & STUDY

■教養教育 教養教育は、未来を見通し、これからの社会を担い、未知の時代を切り開く学生の育成を目的としている。教養教育科目の分野は多岐にわたり、基礎ゼミナール、地域学ゼミナール、グローバル社会・経済、青森の多様性と活性化、くらし・文化、環境と生活、人間の尊厳、キャリア形成の基礎など幅広い。

■課外活動 全学的な課外活動として、東北地区大学総合体育大会などがあり、各大学の明朗なスポーツ精神によって交歓が深められている。

■附属図書館 快適な学習空間を確保し、十分な学習を支援するため、附属図書館では約83万冊の図書、約2万5,000タイトルの雑誌を所蔵し、多くの学生・教職員に利用されている。本館(文京町地区)、医学部分館、医学部分館保健学科分室の3館(室)があり、学生はいずれも利用できる。

 本館では、授業期の平日は9時から22時まで、土・日曜日は10時から17時まで開館し、学生・教職員をはじめ、学外者にも広くサービスを提供している。

■その他の施設 体育館をはじめ、弓道場、武道場、野球場、テニスコート、総合運動場、合宿所およびサークル共用施設などを完備する。

大学院・研究室

大学院

大学院の記号:M=修士課程(あるいは博士前期課程) D=博士課程(あるいは博士後期課程) P=専門職学位課程(法科大学院含む)

人文社会科学M・教育学MP・医学D・保健学MD・理工学MD・農学生命科学M・地域社会D・連合農学D

附置研究所

地域戦略・被ばく医療総合

キャンパス所在地

本部・人文社会科学部・教育学部
〒036-8560  青森県弘前市文京町1
TEL (0172)39-3122 (学務部入試課直通)
JR弘前駅からバスで弘前大学前下車

理工学部・農学生命科学部
〒036-8561  青森県弘前市文京町3
本部に同じ

医学部(医学科)
〒036-8562  青森県弘前市在府町5

医学部(保健学科)
〒036-8564  青森県弘前市本町66の1
(医学科・保健学科とも)JR弘前駅からバスで大学病院前下車

クリップする

弘前大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

弘前大学の注目記事

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中