page_top
  • 国立
  • 北海道

クリップする

小樽商科大学

入試情報は、旺文社の調査時点の最新情報です。
掲載時から大学の発表が変更になる場合がありますので、最新情報については必ず大学HP等の公式情報を確認してください。

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

学部・学科

商学部

歴史

設置 1949

学科・定員

〈昼間コース〉
計465 経済137 , 商学148 , 企業法106 , 社会情報74

〈夜間主コース〉
計50 経済12 , 商学10 , 企業法12 , 社会情報16

学部内容

 昼間・夜間主コースとも学科所属は1年次の修了時に決定する。

 経済学科は、理論的な思考力の育成、国際的な視野の養成、実践的な能力の育成という3つの基本方針を柱に教育を行っている。

 経済学を体系的に学ぶために、講義は、日本経済と国際経済の基本的な特徴を理論的に理解するための基礎経済学と、政府の役割や現実の経済の動きを分析するための応用経済学のふたつの分野に大きく分かれている。商学部のなかに置かれた経済学科であることに特色があり、商学、経営学、会計学、法律、情報科学などの授業科目を履修しながら、経済学を学ぶことができる。

 商学科は、商学、経営学、会計学の3大講座で構成される。

 商学講座では、証券市場や金融市場と企業活動とのかかわりを、また商品流通やマーケティングにおける企業活動を科学的に取り扱う。経営学講座では、企業経営における営みや管理という機能を研究対象とする。会計学講座では、企業活動を計数的に把握し、企業活動を計画・統制するための用具としての会計を学問的に取り扱う。

 企業法学科は「法律に強い産業人」の育成を目的としている。特に企業の経済活動や経営にかかわる法制度の研究教育に力を入れ、やがて産業社会の中核になる若い人材に法学的素養と国際感覚を身につける。法学部にひけを取らない充実したスタッフを備え、憲法、民法、刑法、商法などの伝統的・基本的分野はもちろん、知的財産法、国際経済法、国際取引法などの先端的・応用的分野も開講している。基礎法講座と企業法講座の2講座が設置されている。

 社会情報学科は、企業および公的組織などの経営・管理において発生する問題を、システム指向を用いた科学的な方法と情報技術を活用して合理的に解決する方策について学ぶ。

 このようなシステム化と情報化に必要となる科学として、計画の科学、組織の科学、情報の科学の3つを用意している。それぞれの科学に対応して、計画科学、組織と情報、社会と情報の3講座がある。

新入生の男女比率(2020年) 男56%・女44%

商学部(昼間コース)の入学者データ
商学部(夜間主コース)の入学者データ

クリップする

小樽商科大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

小樽商科大学の注目記事

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中