page_top
  • 大学受験パスナビTOP
  • 特集
  • 【新設情報】中央大・京都産業大などで増設・改組を予定 私立4大学が新設予定、公私立6短大が募集停止予定

中央大・京都産業大などで増設・改組を予定
私立4大学が新設予定、公私立6短大が募集停止予定

2018.7.13

 2018年6月末までに文部科学省から発表された、2019年度に新設が予定される大学と、増設や改組(既存の学部・学科の組織改編)が予定される学部・学科等の一覧を紹介する(認可申請分および4月届出分。ただし、一部に大学案内等の記載を加味)。私立4大学が新設される予定。また、相変わらず看護・医療系の新増設が多い。

(1)大学の新設と募集停止

 2019年度に開学予定で認可申請中の大学は私立大4校(昨年10月末申請)。一方、公立1短大(新見公立短大)、私立5短大(関東短大・青山学院女子短大・大谷大短大部・芦屋学園短大・環太平洋大短大部)が、31年度の募集を停止する予定だ。

(2)学部・学科の増設

●設置届出と認可申請の違い

 学問分野や教員組織等を大きく変えないなど、一定の条件を満たす場合に限り、文部科学大臣に届け出れば学部・学科等を増設できる(設置届出)。その他の学部・学科増設や、大学そのものの新設には「認可申請」が必要で、大学設置・学校法人審議会の審議を経て、最終的には8月末に正式に認可される予定だ。なお、「認可申請」については「大学の新設=前年10月末、学部・学科増設=3月末」までに締め切られた。

●学部・学科増設(設置届出)

 学部・学科の改組・再編等に伴い、4月末までに文部科学省に「設置届出」があった学部・学科は、公立大が横浜市立大の全学規模の改組(3学部→6学部)など2大学4学部、私立大の学部等の増設(既設学部の改組を含む)が中央大‐国際経営、京都産業大‐生命科学・国際関係など15大学21学部等、私立大の学科増設が津田塾大‐学芸(多文化・国際協力)など10大学11学部11学科。また、私立短大の学科増設は1短大1学科となる。届出は12月まで随時受け付けられるので、今回の掲載分(4月末届出)は2019年度のごく一部に過ぎない。とはいえ、前年同時期と比べ、私立大の学部等の増設は30%減、学科増設は65%減となっている。

●学部・学科増設(認可申請)

 認可申請中の学部・学科は、公立大の学部増設が1大学1学部(この他、国立大の学部増設の「意見伺い」が2大学2学部等)、私立大の学部増設が17大学17学部、私立大の学科増設が4大学4学部4学科、私立短大の学科増設が5短大5学科となる。全体的に看護・医療系の増設が多い中で、福島大‐農学群、高崎健康福祉大‐農といった農学系の新設が注目される。
 今回の申請で、私立大の定員は1,906人増加する(新設大学を含む)。さらに、6月末に別途認可された定員増(1,092人)と、同じく6月末に別途申請された定員増(250人)を加えると、私立大全体の定員は3,248人増えることになる(いずれも通信教育課程と編入学定員を除く)。ただし、前年同時期と比べ、定員増の規模はほぼ3分の1に縮小した。

●新設大学・学部・学科の特徴

 分野別に見ると、看護・医療系の学部・学科の新増設(新設予定大学・短大を含む)が、申請・届出を合わせ18大学1短大と相変わらず多い。そのうち、看護学部・学科の増設が10大学もある。次いで、食物・栄養、心理、教育・保育、国際といった分野の増設予定も目立つ。 前述の通り、私立大では前年同時期に比べ、学部・学科増設、定員増とも規模が縮小している。要因として、①大~中規模大学の定員超過率制限が固定された、②東京23区内の大学は10年間、定員増や新増設が認められなくなった、の2点が挙げられる。

注目の新設大学・学部・学科一覧

  • 大学大学の新設
  • 学部学部の新設
  • 学科学科の新設

※2019年4月開設予定の大学・学部・学科のご紹介となります。