page_top

自己推薦で国際文化学部を受験しようと考えています。「自己推薦書」の書き方を教えてください。

  • [2017/7/31]
  • 関連キーワード:勉強法、推薦入試、AO入試、自己推薦書

質問

 サブロー先生、こんにちは! 私は今 高校3年生で、自己推薦で大学受験をしようと考えています。私が行きたいのは国際文化学部です。「自己推薦書」を書かなくてはならなくて、書くことは大学から指定されています。
①留学先に興味を持ったきっかけとその後の学習歴。
②留学先の言語・文化について何をどのように学びたいか。
この国際文化学部は留学が絶対で、自己推薦の場合は入学の前に留学先を決めます。きっかけからどのようなことを書けばいいのか分かりません。サブロー先生! アドバイスをください!

回答

 こんにちは、サブローです。明日から8月。ユーザー諸君、順調に勉強は進んでいるかな? まだまだ厳しい暑さは続くが、体調管理に気をつけて規則正しい生活を心掛けること。それでは今日は自己推薦に関する質問に答えよう。

記事画像

 まず少々厳しい話をするが… 君の質問の中の「きっかけからどのようなことを書けばいいのか…」という言葉は、「きっかけがない」という意味なのか? 「きっかけはあるが言葉にできない」なのか? いずれにせよ、今そんな状態ではハッキリ言って出遅れている。大学側を納得させるような自己推薦書は書けないぞ!

 それでは本題に入るが、「きっかけ」の話に戻る。「きっかけが見つからない」とか「きっかけがない」というのは絶対にないはずだ。だって第一志望にしようと思ったんでしょ。このような時には私はインタビューをするようにしているんだ。たとえば「語学を学ぶことや留学に関心を持つようになったのは いつ?」「それはどのようなシチュエーションで?」ここまでが『きっかけ』だね。

 次に「その頃から現在まで、その国についてどんな学習や行動をとったか?」これについて何もやっていないのであれば、今から作るしかない。大学側が求めているのは、「その国にどんな関心・興味があって、そのためにこれまでどんな学習や努力をしてきたか?」を知りたいのだ。だからとにかく知識をつけるためにも本を読み漁るしかない。何を聞かれても答えられるようにしないと。特にその国の言語を話せる必要はないと思う。ここまでが①に関することだね。

 次は②だ。これはまさに入学後の学習計画だ。①の学習暦を書けるようになったら、その続きを大学で学ぶわけだね。少しヒントを言うと、その国の言語を身につけるためには、その国の文化・風俗・習慣などを学ばなければならない。それらを学ぶことでその言語の本質を理解できるようになり、それを土台にして留学プログラムの中で実際にその国の方々と意見を交換し、時には議論をし、その結果総合的なコミュニケーション能力・人間力を身につけられるのではないだろうか。それが卒業後のキャリアにつながるのだ。

 最後に「これだけは忘れないで!」を書いておく。国際とか文化という名前が付いている大学・学部は日本全国にあるが、なぜ この大学の国際文化学部を志望するのかを明確に書けるようにしよう。そして、担任や顧問の先生やいろんな先生に「添削」してもらいなさい。
 それではまた。
 サブロー

【パスナビ編集部より】
推薦・AO入試での「自己推薦書やエントリーシートの書き方」については、毎年多くの質問をお寄せいただいており、サブロー先生にもご回答いただいています。ここに過去のQ&Aをご案内しますので、受験される方は、お悩み解消に向けてのヒントにしてください。
「AO入試」に挑戦しますが、『エントリーシートの書き方』についてアドバイスお願いします。(2016/8/8)
AO入試で看護学科を志望しています。エントリーシートに説得力のある文章を書くにはどうしたらいいですか?(2016/6/20)

パスナビ【推薦・AO入試特集】内の『推薦入試・AO入試の対策』では、下記の内容で解説をしていますので、こちらもご利用ください。
志望理由書・エントリーシートの書き方
小論文の書き方・対策
面接対策

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2017年4月からは3年生の学年主任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中