page_top

看護大に進学希望ですが、受験科目が数学ではなく国語でした…。

  • 2017.4.10
  • 関連キーワード:勉強法、数学、国語、入試科目

質問

 サブロー先生、こんにちは。私は新高3生で、看護大に進学希望です。選択科目を決める時に全く志望校を決めていなかったので、生物、数IA、英語を選択したのですが、最近気になる大学を調べたら、受験科目が数学でなく国語でした。選択してなかったら無理ですよね?

回答

 こんにちは、サブローです。いよいよ新学期が始まった。まもなく授業が開始されるが、通常授業と自分の受験勉強との両立を目指すことを忘れないように。特に高3生諸君、授業内での完全復習を目指し、十分な予習で授業に臨むこと! 良いスタートが切れるといいね。それでは今日は看護志望の新高3生からの質問だ。

記事画像

 まず、これを読んでいる新高2生諸君(新高1はまだ早いかな?)に強く言いたいのだが、高3になってからの選択科目を決めるときには、第一志望の大学の受験科目を元に決めるのが鉄則だ。だから第二志望以降の大学についても、その受験科目に合わせる必要がある。志望校によって受験科目がバラバラになるのは避けるべきだ。今年の秋から冬にかけて選択科目の調査があることが多いので、それまでにはしっかり第一志望を決めておこう。新高1生にはちょっと難しい話だったかもしれないが、高校受験では私立は3科目受験、公立は5科目受験が基本だったが、大学の受験科目は、大学によって様々だということを徐々に覚えていこう。

 次に、質問の内容から想像すると、おそらく君は理系のクラスに所属していて、高3の必修科目では国語の授業はないから、国語を選択科目で取らなかったことに不安になっているのは間違いないね。さらに質問の『選択してなかったら無理ですよね?』は「授業で習っていなければ、大学入試で国語を受験するのは無謀ですよね?」つまり「国語を独学で勉強して大学入試に立ち向かうのは無理ですよね?」ということだよね。さらに国語は苦手のようだね。でも、君の気になる大学に「国語」が必要だということは、独学でやるしかないので、腰を落ち着けて取り組んでいこう。ではそのやり方についてアドバイスするぞ。

 看護系の大学は一般的には、「古文・漢文を除く」「現代文は近代以降の文章」となっていて、それほどの難問が出ることはないから“しっかり基礎を固めること”が先決だ。だから対策はやり易いぞ。たとえば旺文社から出ている「大学入試 全レベル問題集 現代文 ①基礎レベル」のような問題集を使おう。できなかった設問について、なぜその解答になるのかをしっかり追求し、自分の考えではなく、作問者の考えを読み解いていく、つまり現代文の解き方の基本をマスターしよう。最低5周は繰り返し解いていくのだ。その後で中位レベルの問題集に取り掛かっても良い。そして夏休みになったら、いよいよ過去問に挑戦し、できなかった問題については上記と同じだ。自分に何が足りないかを探してみよう。自分で分からない場合には先生の力を借りるのだ。さらに出題傾向を理解し、時間配分なども考えておこう。同様に第二志望以降の大学の過去問にも挑戦だ。

 最後に、看護系の大学では、英語・国語・数学・生物の4教科受験も多いぞ。さらに小論文や面接も課される大学もある。できるだけ早めに志望校・受験科目を決め、バランスの良い勉強を心掛けよう。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2017年4月からは3年生の学年主任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中