page_top

新高3生。これまで怠けてしまいました…。今からでも受験に間に合いますか?

  • 2017.3.27
  • 関連キーワード:勉強法、新高3生、偏差値、推薦・AO、調査書

質問

 サブロー先生、こんにちは! 僕はいま高校2年です。春から高3になります。僕は偏差値45~50くらいの進学の高校に行っているんですが、高1は普通の成績だったものの、高2は最後の評定で5段階で2を少しとってしまいました。高3からでも間に合いますか? 高3の一学期からの成績が良ければ、「推薦」とか他のいろんなことに繋がることはありますか? 教えてください! お願いします。

回答

 こんにちは、サブローです。後期日程の合格発表が終わり、平成29年度の大学入試がほぼ終了する。大学入学式目前のパスナビユーザーの諸君、4月からの新しい環境での生活を大いに楽しんでいこうじゃないか。進学先が第一志望だろうが、第三志望だろうが、そんなことで人生が決まるわけじゃない。そこでの人との出会いが、君の人生に大きな影響を与えることになるだろう。これから世話になる母校を思いっきり愛するのだぞ!! それでは今年度最後の質問に答えよう。

記事画像

 コラー、何をのんびりしているんだ! 全国の高2生はこの3学期を高3の0学期のつもりで、すでに準備に取り掛かっているんだぞ。「評定で2を取ってしまった」とか「高3からでも間に合うか?」とか、こんな状態では、第一志望校は君のために門戸を開くことはない! 

 突然怒鳴ってごめんなさい。でも、これまで誰にもこんなこと言われたことないでしょ。さらに言うと、君は目標や具体的な第一志望が決まってないでしょ。これが行動に移せない一番の原因だと思う。それでは具体的にアドバイスをしよう。

 まず、最初の質問「高3からでも間に合うか?」だが、さっきも言ったがすでに始めていなければならない。なぜか…。君の高校は大学受験をする生徒が多いんでしょ? だったら、4月に入ってからの学校の授業は、受験に対応する内容になるはず。その時に、「わからない…」を連発していたら授業についていけなくなり、これでは実力を付けることは無理だ。そのために本来であるならば、その授業開始までに、これまでの基礎内容をもう一度やり直しをしておく必要があったのだ。さっき言った高2の3学期(高3の0学期)にね。

 じゃあ、今さらどうするか… “今日から”やりなさい。と言っても教科書を最初からではキツイから、模試のやり直しをしよう。そうしたら短期間で2年間の復習ができるぞ。もう一度時間どおりに解き、できなかった問題について、まず自力で、ダメなら先生の力を借りて、納得できるまで解説を聞こう。家に帰ってその解説を君自身が言えればオッケー。その後で同様の問題(先生からもらうのだ)が解けたらその知識は定着したことになる。これを繰り返すのだ。えっ、模試の問題がない? その場合には市販の薄めの問題集を使うしかないね。

 次に「高3の1学期からの成績がよければ…」についてだ。一般入試やセンター試験での合否判定と言うのは、評定平均が悪くても、当日の得点で判定されるのが基本なので、大きな問題はない。ただ一例をあげれば、君ともう一人が同点で、どちらかを不合格にする場合、評定の低いほうを選ぶ可能性はあるね。とにかく“試験当日の得点”なので、これからの受験勉強が大切だ。

 また「推薦」のことが書かれていたが、そのことにも触れておこう。推薦やAO入試を受験する場合に調査書に書き込まれる評定平均値の計算の仕方は…『(高1の学年末+高2の学年末+高3の1学期《前期》)÷すべての教科数=3年間の評定平均値』となる。(高1の学年末、高2の学年末、高3の1学期(前期)の成績5段階評価を合計して、全科目数で割った数値だよ) とりあえず、高1と高2の学年末の評定平均を出してごらん。希望の大学の出願基準に合っているならば推薦入試に出願、またはAOにエントリーすればいいし、達していないならば、一般受験で頑張るのだ。
 今日から高3の授業が始まるまで、2週間前後あるだろうから、すぐに行動に移すのだ。ガンバレよ!
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2017年4月からは3年生の学年主任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧