page_top

横浜国立大学志望の高1生。部活と勉強についてアドバイスをお願いします。

  • [2017/3/6]
  • 関連キーワード:勉強法、新高2生、国立大、英語、部活動、偏差値

質問

 サブロー先生、こんにちは。現在高1で、志望校は横浜国立大学経済学部国際経済学科です。模試の成績は進研模試で全国偏差値62、河合等の判定は、志望校が最近決まったばかりなので書いたことがありません。質問を二つほどさせていただきたいと思います。
 私は部活と勉強、両方いい成績を残すことを目標として日々過ごしています。しかし、勉学の方にあまり身が入らず、今まであまり進路のことなど考えてこなかったので、成績が伸びないままここまで来てしまいました。定期テストはほぼ一夜漬け、模試は「ノー勉」、課題以外は勉強してきませんでした。これからは身を粉にして、青春を部活と勉強の全てに捧げようと思ってはいても、なかなか何から始めればいいのかわからない状態です。英語が苦手科目で、かつ二次試験でも使うので、英語を伸ばしたいと思っています。高2からはオフの日などに予備校に通う予定なのですが、それまでにも勉強をしておかなければならないので、このことを質問しました。
 二つ目は、部活でもいい成績を残したいし、勉強でもいい成績を残したい…というのは無理でしょうか? 自分で言うのも何ですが、中学~高1と、競技で全国クラスで戦ってきました。でもそれは部活だけに身を捧げていたからであって、勉強を本気で取り組み始めたら部活の成績は落ちてしまうのではとの懸念があります。もちろんやってみなければわからないことなのですが、「部活を受験に活かす方法」、「部活をやっていても勉強のモチベーションを維持する方法」など、人生経験豊富なサブロー先生のアドバイスをいただけたら幸いです。 長く、ダラダラとした文章になってしまい申し訳ありません。よろしくお願いします。

回答

 こんにちは、サブローです。進研模試の全国偏差値が62というのは、部活もやっている中でよく頑張っているではないか… と言えそうだが、そうではないようだね。定期テストは一夜漬け、模試はノー勉ということは、悪い言い方をして申し訳ないが、「中学時代の余力がまだ残っていた」のでしょう。でも、そろそろ限界がきているのではないかな。現在、私は高2の担当だが、ちょうど一年前、君と同じような偏差値&勉強姿勢で(何も改善策を講じずに)、進級直前の今“大きな壁”にぶつかってもがいている女子生徒がいる。しかし君は違う。この時期に危機感を感じ、何とかしなければという気持ちになったことは素晴らしいことだ。これから高3が始まるまでの一年間で部活と勉強の両立が確立できれば、もちろん苦しいこともあるが、メリハリのある効果的な勉強ができていると思うよ。それでは君の質問に答えつつ、さまざまアドバイスをしていこう。

記事画像

 まず一つ目は「英語の学習」についてだ。英語の成績がわからないのだが、苦手というから偏差値50前半と思ってアドバイスするよ。
 まず【文法】だ。高1の初めからもう一度やり直そう。学校の教科書や問題集などのExercisesをどんどんやり直し、できなかった問題について「どうしたらこの問題が解けるようになるか?」を考え、自力で解決できなかったら先生の力を借りよう。聞いた説明を帰宅後にも言えて“理解できているな”と確認できたら、先生から同様の問題をもらって解いてみよう。正解だったら、ようやくその知識が「定着」したことになる。勉強ってどの教科もここまでやらないとダメだよ。
 併せて【読解】については、コミュ英の教科書を読んで訳せるかやってみよう。訳せない箇所があったら、前述の文法への取り組みと同じだよ。そしていずれの勉強も、できなかった問題、訳せなかった文を一冊のノートに『私の弱点ノート』と命名し、記録を残しておくのだ。模試や本番の入試の前に読んだら、自分の弱点を確認できるので、受験生にとって一番恐ろしい「ケアレスミス」を限りなく減らすことができるのだ。さらに、定期試験を満点取れるまでやり直そう。できなかった問題については、さっき言ったとおりに解決すること。さらにさらに、進研模試を、やはり満点取れるまでやり直してみよう。ここまでできたら、間違いなく君の知らない君に出会えるはずだよ! 会いたいと思わない!? できれば高2の授業が始まる前までに終わるのが理想だね。
 それでは二つ目の質問だが、「部活を受験に活かす方法」、「部活をやっていても勉強のモチベーションを維持する方法」についてだが、まさにこれは「両立」させる方法だよね。そのためには何が必要だと思う? それは『ケジメをつけること』と『勉強時間の確保』だ。ケジメについては、こうやって相談しに来てくれているから、もうクリアできているよね。ね。ね。
 問題は『勉強時間の確保の仕方』だ。普通に部活がある1週間の“起床から就寝までの行動”を書き出してみよう。ムダにしていた時間があったら、そこを机に向かう時間としよう。また登下校の時間や休み時間なども短時間にやれる勉強、たとえば古文単語や英単語などに使ったらどうだろう。オフの日や時間が多く取れる時には、さっき話した模試のやり直しなどにあててみよう。
 最後に、君の部活がわからないのだが、全国レベルで戦っているようなので、間違いなく「集中力」「忍耐力」「ケジメ」など備わっているような気がする。部活に身を捧げている中でも、成績や将来の進路のことを不安に思って、こうやって相談に来てくれたことで、すでに君の受験勉強はスタートできているのではないかな。勉強のやり始めは辛い日々が続くとは思うが、君の精神力で乗り越えていけると信じているぞ。それではまたね。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2017年4月からは3年生の学年主任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

パスナビ受験用語集

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中