page_top

【連休中の運営に関して】2017年4月29日(土)~2017年5月7日(日)の期間、サイト更新や問い合わせは対応いたしかねますのでご了承ください。

「日本史」「古文」「英語」の成績が上がりません…。志望校を変えた方がいいのでしょうか?

  • 2016.11.14
  • 関連キーワード:勉強法、英語、日本史、古文、偏差値、メンタル

質問

 サブロー先生、こんにちは。ぼくは、立命館大学の文学部 日本史学専攻を目指しています。最近の東進のセンター模試では、点数が「英語」も「国語」も5割で「日本史」だけ9割近くとれましたが、英語と国語は全然とれません。「英語」は単語を毎日やっているのですが、まだ他の人よりも語彙力も低く、文法問題も苦手で全然点数をとれません。『Vintage』などの文法問題もさっぱりわからない状態です…。「古文」や「漢文」も実力がなくて、古文なんかは前の模試で“50点中 17点”でした。そして、立命館大学の過去問では日本史も4割ほどしかとれませんでした…。夏休みは文化祭で忙しくてみんなよりだいぶ遅れています。未だに基本ができていない状態で、ここから1月のセンターや2月の一般入試に間に合わせることができるのでしょうか。志望校を変えた方がいいのでしょうか?

回答

 こんにちは、サブローです。季節もあっという間に秋、というよりはかなり寒くなり、関東地方でも山沿いでは雪の便りが届き始めました。先週も同じような相談だったが、この寒い時期に思うような勉強の成果が出ないと身も心も折れてしまいそうだよね。しかし、諦めてはダメだ! 志望校変更なんてもっての外! 今からでも成果の出る勉強はあるはずだ。そのあたりをアドバイスするぞ。

記事画像

 まずは「日本史」だ。立命館の日本史は難度が高いことで有名だが、おおむね平均が70点あたりということは、教科書内容の基本的な問題も多いということだが、その分ケアレスミスしやすい問題もあるので、取りこぼしは絶対に許されないことを忘れないように。それから、同僚の先生に聞いたのだが、ここの日本史は、過去問を10年分ぐらい解いてみると、数年おきに同じような出題がされていることに気づくそうだよ。しっかり取り組んでね。それにしても、「東進のマーク模試で9割、過去問で4割…」とはなぜなんだろう? 日本史は得意なはずだろうからできなかった箇所を調べれば問題解決できるかな? あとは、まだ過去問にそれほど取り組んではいなかったのかもしれないね。とにかく、過去問に取り組もう。

 次に「古文」だが、おそらく文法事項も頭に入っていないのだろう。こういう時に有効な参考書は「実況本」だ。予備校の先生の授業がそのまま本になっているやつで、解答までのプロセスを教えてくれるぞ。一冊読んでみてから、もう一度その古文の問題を解いてごらんよ。成績が変化していたら成果が出ている証拠だ。早速やってみよう。実況本については語学春秋社が一番有名だが、本屋さんでいろいろ探してみたら。

 そして「英語」だ。こういう相談を受ける時によく耳にするのが「長文読解をしっかりやっているんですが…」ではなく、「単語をやっているのですが…」ばかりだ。もちろん単語がわからなければ長文を読めないというのもわからないではないが、君の第一志望だって、間違いなく長文の割合が多いでしょ。そこを得点できなければ合格はあり得ないよ。できる限り多くの長文を読み内容把握の設問に正解できるようにしないとね。その中で出てきた単語はしっかり身に付けるようにしよう。また、今人気急上昇の『Vintage』は「ネクステ」や「スクランブル」のライバル問題集でもあるが、かなり丁寧な説明が加えられているのが特徴だ。でも理解できなければ先生に質問に行きなさい。

 最後に、この時期に5割前後の得点というのは、これまでの勉強の中に“疑問点をそのままにしてきたこと”が原因だろう。しかし、これからの過去問対策の中で、わからない問題、間違えた問題を100%理解できるまでしっかり向き合えれば、君の弱点を少しずつだが埋めていけることになるはずだ。これこそが君の復活のカギだ! 最後まで諦めず、絶対に第一志望は諦めるな! それではまた。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2017年4月からは3年生の学年主任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧