page_top

「日本史」が苦手です…。アドバイスをお願いします。

  • 2016.9.26
  • 関連キーワード:勉強法、苦手科目、日本史

質問

 サブロー先生、こんにちは。「日本史」が苦手です。学校の授業は夏までに『明治』に入るところまでは終わったのですが、夏休みは思ったように勉強を進められず…、『江戸時代』と『文化史』に手をつけることができないまま今に至っています。9月中に終わらせるべきでしょうか? また「史料問題」も今から解いていかないとまずいでしょうか? アドバイスをお願いいたします。

回答

 こんにちは、サブローです。文化祭が終わりました。わがライブハウスには、多くの友人・保護者に来ていただき、生徒たちは気持ち良さそうに演奏し、しっかりとお客さんを楽しませていました。私の予想以上(?)の演奏でした(笑)。次の行事はわが2学年の修学旅行です。この回答が配信される頃には、羽田を出発し鹿児島に向かっているところでしょう。それでは今日の質問に答えよう。

記事画像

 いまさら過去を振り返ってもしょうがないのだが、学校の授業進度については、2年生が終わるころには予想できていたはずでしょ。これを読んでいる高2生諸君、特に日本史・世界史を選択している人たちは、できれば高2が終了する来年3月までには教科書を読破し、サブノートを作り、さらに一問一答で確認までできれば3年になってすぐに問題演習に取り組めるはずだ。早速取り組んでみよう。

 本題に戻るが、確かに時間はないが、まだ手を付けていないのは近世以降で入試頻出のとても重要な範囲なので、中途半端な勉強は絶対にしないように。上に書いた方法で、9月中には厳しいだろうが、10月半ば~末までには終わらせよう。

 次に、各志望大学の過去問に取り組みながら、知識があやふやな個所や、よく間違えてしまう分野や時代などを探し出し、教科書・サブノート・一問一答をもう一度見直して知識の整理に努めよう。この苦手個所に関しては、ノートにまとめておいて、模試や入試前日に見ておけば、ケアレスミス防止に役立つよ。さらに志望大学ごとの出題傾向を分析し、得点できるために何が必要かを知ろう。これについては先生にも過去問を見てもらってアドバイスをしてもらおう。

 最後に、資料問題について書かれていたが、全く手を付けていないようだね。正誤問題や空所補充などの問題については、すべての受験生が対策をしてくるのであまり差がでないのだが、資料問題については間違いなく合否の分かれ目となるのだよ。資料問題の一問一答を使って、今すぐに対策を始めなければならない。

 他の科目の勉強もあるから日本史ばかりに時間を取られないように、時間をうまく使ってバランスよく勉強に励もう。それではまたね。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2017年4月からは3年生の学年主任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧