page_top

夏休みの半分を英語に費やしたのですが、結果が出ません…。

  • [2016/9/5]
  • 関連キーワード:勉強法、夏休み、模試、偏差値、英語

質問

 先生、こんにちは。高校3年の女子です。夏休み中、一日1つ長文を解き、毎日単語を勉強し、夏休みの半分を英語に費やしたといっても過言でないくらいです。それにもかかわらず、8月末にあったセンター式模試では5割もないくらいでした。すごくショックで、どうしたらよいのか分かりません。これから「やるべき」ことのアドバイスをお願いいたします。

回答

 こんにちは、サブローです。どんな夏休みだったかな? 毎年この時期には「計画していたことの半分も終わらなかった…」「しっかり夏期講習は受けていたのだが、身についたのかどうか…」「夏の最後に受けた模試の成績が…」など、今日の質問もそうだが、落ち込んでいる内容が非常に多いのだ。全国の受験生から注目されている『パスナビ』に、このような質問が多く来ると言うことは、結局、全国の全ての受験生は不安なのだ! いいか、君だけじゃないから心配するな。しかし、同じ過ちを繰り返すことがないように気をつけていけば、必ず結果は付いてくることを信じて頑張るのだ。それでは今日の質問に答えるぞ。

記事画像

 まず、質問を読んでなぜ5割に届かないのかを考えてみたのだが、質問の内容から判断すると、夏にしっかり英語の勉強をしてきたと言っているから、力不足というのではないのだろう。もしかすると「時間配分」に問題があるのではないかな。すでにやっているならば、どこかに無理があると思うので、しっかり修正してみよう。まだ組んでいないならば、学校も始まってなかなか時間が取れないかもしれないが、センターの過去問を、昨年度の問題から最低5年分(ホントは10年分やって欲しいが…)解いて、苦手な問題や得意な問題から判断して、「どの問題から解き始める方が、苦手科目から得点を稼げるか?または、効率よく問題に取り組めるか?」「それぞれの問題にどれくらいの時間をかけるべきか?」を決めて、何回か模試を受験して修正を加えていけば、徐々に「君だけの時間配分」が完成するぞ。だからこれからできる限りセンター形式の模試は申し込みをするようにしよう。それから大事なことを一つ。途中の問題から解くときには、マークする個所を間違えないように注意しよう。

 それでは本題とも言える「これからやるべきこと」についてアドバイスしよう。5割に満たない人は、間違いなく第3問以降の長文問題(約140点分)をことごとく落としているはずだ。1日1長文やっているから、恐らく読めてはいるんだが、設問で引っかかっているわけだな。最後の2択で「×」の方を見事に選んでしまっているならば、見込みはあるぞ。どこの単語や文に引っかかったかを見つけ出し、自分のミスを徹底的に分析しなさい。ただ、それ以外の2択で「×」になっている場合には、内容の理解不足が原因だぞ。ひたすら長文を解いて演習しなさい。

 最後に、センター試験のようなマークシート式の長文を解くときに、もし「選択肢が紛らわしい!」と思っているならば、選択肢は無視して、記述で考えてみたら。その記述をもとに選択肢を選べばどうだろう。最初は大変かもしれないが、これを継続すれば、記述対策、つまり国公立2次受験対策にもなるぞ。それではまたね。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中