page_top

「日本史」と「現代文」の勉強法について教えてください。

  • [2016/8/1]
  • 関連キーワード:勉強法、苦手科目、偏差値

質問

 先生、こんにちは。はじめまして。大学でどうしても心理学を学びたいと思っている高校3年生の女子です。「数学」と「英語」は好きですが、「国語」の記述問題で点数が伸びずに(全統記述偏差値:52.8)悩んでいます。全統記述第1回目の偏差値は、数学:66.3、英語:61.8ですが、「国語」が悪く、国語の配点が高いため、判定が『D判定』で悩んでいます。殊に、国語のテストで、古文、漢文は点数が取れるのですが、「現代文」になると、点数が取れません。小説だと『比喩は何を指しているのかを答えよ』という問題は苦手です。評論でも、抽象的な内容は、点数が取れない分野です。希望している大学は、神戸大学の発達科学部か、名古屋大学の教育学部です。(心理学を深く学びたいので、名古屋大学がむしろ行きたい大学です)。毎回、「現代文」が点数を悪くしている原因です。「現代文」だけ塾にも通い(高2の2学期から)、真剣に取り組んでいるのですが、結果が出ません。どうしたらと良いのかわかりません。また、センター試験で気がかりなのが、「日本史」です。日本史は覚えることが多く…重要語句は(山川の一問一答の本で)覚えているのですが、点数がとりたい8割をとれません。志望校はあきらめたくないので、日本史と現代文の勉強法を教えてください。高3にもなり、内心焦っています。自分の勉強法が間違っているのなら、改善したいからです。お願いします。

回答

 こんにちは、サブローです。夏休みが始まって10日ほどたったが、勉強の進み具合はどうだろう? 疑問点はできる限り早く解決し、ため込まないように注意しよう。規則正しい生活を送ることも忘れずにね。それでは今日の質問に答えよう。

記事画像

 「大学合格の秘訣は…?」と言われれば、高校・予備校の先生も、大学の入試センターの担当者も「入試科目で苦手科目を作らないこと!」、言い換えれば「全科目揃えること!」と、声を揃えて言うのは当然のことだ。パスナビユーザーのみんなの中には、苦笑いしている人も少なくないはず。でも対策をしようとしない人がほとんどなんだよね。まさに苦手科目に蓋をして見えないようにしてしまうのだ。しかし、今日の質問で君の何とかしようという気持ちがヒシヒシと伝わってきたよ。それではアドバイスをするぞ。

 まず「現代文」。小説を読み解くポイントは、ここで挙げるまでもなく塾でも教えてもらっているはずだが、それでも結果につながらないのは、想像で言うが… 解説を聞いたり、読んだりした時に、分かった気になってしまっているだけではないだろうか。自分でその解答までのプロセスを言えるようになるまで何度も繰り返す必要がある。「比喩が何を指しているか…?」というのは、まずはその比喩表現がどのような意味で使われているかを知る必要がある。そうでなければ何を指しているかは見つけられないだろう。また評論文も苦手のようだが、文章を読むコツは、簡単に言えば、「ある話題に対して、筆者の主張を見つけ、その具体例や対比に注目すること」だ。得点できない理由は、問題作成者からの設問を正しくキャッチできていないからだろう。その時の注意事項だが「答えは必ず文中にある」「筆者の主張は形を変えて繰り返される」「下線、空所はその前後に要注意」を忘れないことだ。数多くの演習をしていくことで、徐々に文章の追い方や理解の仕方がわかってくるはずだ。そのためには、前述のとおり、解答までのプロセスをしっかり言えることが何よりも大切なのだ。解説がよくわからなかったら必ず先生に説明してもらいなさい。

 最後に「日本史」だ。やはり得点できない大きな理由は、時代ごとの暗記、つまり『タテの勉強』はできているようには思うが、前後の時代との関連性についての、つまり『ヨコの勉強』ができていないような感じがするなぁ。正誤問題などで引っかかるのはこれが原因であることが多いよ。これを解決するには、過去問を使って演習をしながら知識を入れていくのが一番だ。この夏にできる限り多くの過去問に挑戦することを勧める。

 それでは、まだ夏休みは一か月あるから、少しでも多くの演習を行い、苦手を一つ一つ潰していくようにしよう。じゃあまたね。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中