page_top

推薦組に合格が出ていることへの焦りと、親に対するイライラが頂点に達しています…。

  • [2015/12/7]
  • 関連キーワード:勉強法、メンタル

質問

 サブロー先生、こんにちは。高校3年の女子です。私は一般受験を考えています。今、私の周りでは推薦の結果が返ってきていて、どんどん合格しています。正直なところ、私も推薦を受けられなくはありませんでしたが、行きたい学部がなかったために断念しました。“一般受験にすると決めたのは自分”と分かっているけれど、周りが決まるにつれてどんどん余裕がなくなっています。それに加えて親が全くこの辛さを分かってくれません。少しでも弱音を吐くと、そんなに言うならやめろと言われます。それで何度も喧嘩をするのです。それだったら推薦受ければよかったのにと逆に怒られます。自分で決めたことだと分かっていますが、辛いものは辛いのに、それを我慢しなくてはいけないのでしょうか…。推薦組に合格が出ていることへの焦りと、親に対するイライラが頂点に達している感じです。私はどうしたらいいのでしょうか。アドバイスをお願いします。

回答

 こんにちは、サブローです。わりと暖かな11月だったが、天気予報でも「冬型の気圧配置が日本列島を…」なんて言葉が聞かれるようになり、ようやく本格的な冬がやってきたという感じだね。季節の変わり目だけに、体調管理にはくれぐれも気をつけてくれ。それでは今日の質問に答えよう。

 今日のような相談は毎年この時期に多くなるね。一般入試突破を目指している生徒にとっては、たとえば成績がなかなか上がらずイライラしている時などに、「合格~」なんて声が聞こえてきてしまうと、さらにイライラが募り冷静に受験勉強に取り組むことさえできなくなってしまうよね。親からの一言もかなりキツイなぁ。

 さて、今のネガティブ状態を打破するには、一つでも多くのポジティブなネタを増やすのが一番だ。まずは親だ。確かに質問に書かれていることを言われたら腹は立つ。だけどなぜそんなキツイことを言っているのか考えてみた? 私は全く君の親のことは分からないから想像で言うが… たぶん親もイライラしているんだよ。何に? 君の弱音に! 始めは、その君の弱音を理解し聞き入れて、それで君のイライラが解消できれば…と思っていたんじゃないかな。しかしその弱音が日課に近いものになったんじゃない? いくら温厚な人間であったとしても、それが度重なれば腹が立つものだよ。詳しい状況が分からないでこんなことを言ってゴメンね。でももし心当たりがあるならば、自分の力でその弱音を断ち切ろうよ。幸い12月に入って、推薦やAOはほぼ終了した頃なので「合格~」という言葉は聞こえてこなくなるよ。

 次に、君の『推薦を受験せずに一般で受験する理由』はとても分かりやすいし、私だってもしも同じ立場なら、一般を目指しているよ。つまり君と同じような理由で一般受験する人は何十万人もいるんだよ。今のままではどんどん追い越されてしまうぞ。そこで、今こそ君の第一志望の志望理由を思い出してみようよ。そして、合格が決まり4月の入学式にそのキャンパスに立っている姿を想像するんだ。

 そして、勉強についてはどうだろう? 不安定な状態ではなかなか勉強も進められなかったように思うが、焦ってあちこちに手を出すようなことはせずに、これまで続けてきた勉強を引き続きやるのが一番だよ。

 最後に… 人は誰だって「楽な方向に進みたい」と思うものだ。しかし、楽をして入った大学で楽しい4年間が過ごせるはずはない。逆に、第一志望をめざし一生懸命勉強して合格を勝ち取ったのなら、本当に充実した4年間を過ごせるはずだ。もちろん推薦やAOの人たちも、第一志望を目指して一生懸命書類を作成したり、学力試験のために勉強をしたりして、合格を勝ち取ったならば、同様だよ。そして、大学生活の中でしっかり勉強に取り組むのはもちろんだが、それ以上に今後の君の人生に大きな影響を与えてくれるような友人にもめぐり合えるはずだ。君はしっかりとした目的意識を持っているので、周りから見ればキラキラしているはずだ。そして第一志望に合格した暁には、素晴らしい友人が集まってこないはずがない。来年の4月の自分を想像しながら、ニヤニヤしながら、受験勉強に励もうよ! 少しは気持ちが晴れたかな? それではまたね。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中