page_top

部活引退後、勉強を始めたのですが成果が出ません…。

  • [2015/10/13]
  • 関連キーワード:勉強法、部活動、模試

質問

 先生、こんにちは。私立文系の高3です。私は立教大学の経営学部を志望しています。2年生の終わる春休みまで部活だけをしていました。なので勉強はとても疎かになっていました。しかし、部活で、出場する大会の全てで全国大会に進むという目標を果たせたので、勉強だってがんばろうと、3年生になってから切り替えて勉強してきました。春から勉強してきて、7月の進研模試の「国・数・英」偏差値が6月の50から63に上がり、判定もE判定からD判定となって嬉しく思っていました。その調子で夏休みも自分なりに努力して1日12時間勉強していました。ところが最後の10日間に熱が出てしまい全く勉強できませんでした。またがんばろうと9月を迎えた矢先に、8月の河合塾の模試結果が返却され「国・数・英」で46と、オールE判定になってしまい気持ちが沈んでしまいました。受験勉強も後半になってきたのに、周りにこんなに差をつけられ、ヤル気が失せてしまいました。勉強してもどこか以前と違い本気で勉強できていない気がします。諦めたくない気持ち・立教大学に憧れる気持ちがあるのに、それ以上に諦めようとしている気持ちが大きくなっています。9月の1か月間、このモヤモヤした気持ちのまま勉強してきましたが、全く身についていない気がしてとても悔やんでいます。このまま10月もグダグダで過ごしたくありません。どうしたらよいか、アドバイスをお願いいたします。

回答

 こんにちは、サブローです。9月は本当に雨が多かったけど、ようやく10月に入り爽やかな日々が続いている。まさに読書・食欲の秋だね。健康に気を付けてモリモリ勉強しましょう。ところで、君は、部活を引退まで続け、さらに全国大会出場という夢もかなえたことは本当に素晴らしいね。数え切れないほどの思い出を作ったことでしょう。今は勉強で苦しんでいるが、必ずその壁を乗り越えていけると信じているよ。受験の神様は、そんな君に必ず微笑みかけてくれるはずだ。それではアドバイスしよう。

 分かってはいるつもりでも、成績のアップ・ダウンがあると感情の変化をコントロールするのは難しいことだね。でもこれが出来るかどうかが勝負の分かれ目であることは言うまでもない。

 まずは、君の進研模試の結果について一言。6月はマーク式で、7月は記述式だよね。これを単純に「50から63に上がった」と考えることはやめたほうが良い。マーク式にまだ慣れていなかった可能性もあるよね。たとえば、あるマーク式の問題が記述式で出題されていたら正解になっているのに、選択肢があるために迷って不正解になるというのはよくある話だ。逆に記述式は自分で解答を作成していくことでその迷いがないわけだ。さらには部分点をもらえることで偏差値アップにもつながる。

 そして、この63という偏差値だが、部活を引退してから勉強を始めたと言っているが、この値から想像すると、部活をやっている時には、日々の予習・復習はもちろん十分にはできていなかっただろうが、真面目に授業に参加していたのだろうと思う。非常に良い値だ。D判定も君のヤル気に火をつけたし、とてもスタートは良かったね。

 次に、河合模試についてだが、質問の「9月を迎えた矢先に8月の河合塾の模試結果が返却…」とあるので、恐らく8月上旬に行われたマーク模試だよね。この模試は、受験勉強に取り組んで4か月ぐらいの成果だよ。気にすることはない。君は夏に頑張ったんだ。これからの模試でその成果が出てくると信じよう。

 それではこれからの勉強についてだが、成績が上がらなくて苦しいときには、<成績不振⇒周囲が気になる⇒自分以外は優秀⇒私はダメ⇒もう無理…>という悪循環が始まり、なかなか抜け出せないものだ。そんな時にはプラス思考で物事を考えるしかない!「この問題が解けるようになれば偏差値上がるぞー!」ってな具合に、自分をその気にさせ、しっかり模試のやり直しをして苦手箇所を一つ一つ克服していくのだ。過去問にも同じように取り組むこと。勉強は、広い視野を持って取り組むことが必要だが、勉強の姿勢は、周囲の音や視界を遮断し、目標である大学だけを見つめるようにしよう。「絶対合格!」だけを信じていくのだ。

 言葉では簡単に言えるが、実行することはもちろん大変だ。しかし自分から変えようとしなければ何も始まらない。さあ、勇気を出して!
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中