page_top

国公立大志望の高1生。厳しい部活動のことで悩んでいます。

  • [2015/9/28]
  • 関連キーワード:勉強法、浪人生、漢文、英語

質問

 高校1年の女子です。自分は厳しい部活に入っていて、朝練、昼練、放課後練があり、6時から20時30分までずっと学校です。しかし、どうしても国公立医学部に合格したいと考えています。周りに勝つには、効率的な勉強法を見つけるか、部活をやめる以外に方法はないと思います。部活を言い訳にするのは嫌なので、ギリギリまで頑張りたいです。高1、高2でやるべきこと、勉強法を教えてください。ちなみに、今の成績は、全統模試で、偏差値が英語65、数学60、国語78です。アドバイスをお願いします。

回答

 こんにちは、サブローです。まず、部活については、君の言う通りにギリギリまで頑張ろうよ。体育系の部活なのかな? メチャメチャ忙しいと思うが、逆の発想をしたらどう? 忙しいと言うことは「時間の使い方」を学べる良いチャンス。さらには、勉強と部活の両立は「忍耐力・集中力」を鍛えられるチャンスだよ。一つの目標を追い求める仲間たちとの思い出は一生の宝となるだろう。それでは質問に答えよう。

 模試の成績を書いてくれてありがとう。大変アドバイスしやすいよ。この模試は5月か6月頃に高校内で実施された第1回全統模試かな? ということは中学の復習も含めた問題だったはずだ。この偏差値からわかることは、君は中学時代からしっかり勉強を積み重ねてきたのだろう。もちろん高校での勉強の成果も出ている。河合塾が作成している「国公立の医学部の合格のボーダーライン」では、センター試験での得点率は最低85%以上、個別試験(2次試験)での偏差値は最低65以上でなければ合格できない。高1の模試の偏差値をそのまま本番の入試に当てはめられないけど、この模試は記述なので、個別試験と考えると、おおむねこの成績ならばオッケーと言うことになる。ただ数学は少々苦手箇所が、英語は恐らくケアレスミスがあるようなので、しっかりやり直しをしてそこを治療しておこうね。それでは勉強のアドバイスに入ろう。

 第一志望へ合格するには、超難問を解かなければならないか? もちろんそこまで力が付けば言うことないが、基礎をしっかり身に付けることこそが、志望校合格の最低条件だ。そのためには「授業内容の知識をどう定着させるか」と、部活動との両立を図る「時間の使い方」が重要だ。

 まず全教科“授業時間内での理解”を目標にすること。これを実現するためには予習が重要。  「得意科目」に関しては、苦になることはないだろうからどんどん先へ進めること。授業中は、先生の説明を聞いて、「私と同じ考え方だな」などと確認できれば、帰宅後に復習は必要ないね。

 「苦手科目」に関しては、やはり時間がかかるだろうが、最低限のことだけはやるようにしよう。たとえば英語・国語ならば、不明な単語はないようにすることや、数学なら例題までは何とか解いていくようにしよう。そして授業後に疑問点がある場合には、必ずその日のうちに解決すること。

 そして次が最も大切なのだが、予習である程度できた箇所も、復習で疑問点が解消された箇所も、しっかり演習することを忘れないように。その演習が、知識の定着となり、無敵の基礎力となり、さらに、応用力への架け橋となるのだ。これは私が常に言っている勉強の方法の基本「疑問→質問→理解→演習→知識の定着」だ。この演習の時間は、得意科目も苦手科目もじっくり腰を落ち着けてやる必要があるので部活の休みなどに一気にやってしまう方が効果的だろう。

 さらに「時間の管理」についてだが、まずは睡眠時間をしっかり確保することを忘れるなよ。これを削って、授業中に居眠りでは困る。その上で、過去1週間の24時間の行動をすべて記録してみるのだ。帰宅後の時間があまりなくても、学校での休み時間なども入れてみると、結構使える時間って見つかるものだぞ。時間を取れる場合には、重たい内容の勉強を。逆の場合は、暗記物などの単純作業を入れたらどうだろう。限られた時間だが勉強方法を工夫することによって効果は徐々に上がるはずだぞ。時間の長さを気にするんじゃない。短い時間でも集中して勉強することが大切なんだ。その他には、新聞・読書などをとおして“一般教養”もしっかりと身につけることも忘れるなよ。

 最後に、国公立大に合格した人の大半は、高2の終わりまでには、国数英3科目はしっかり押さえているのだ。これができた人は当然勉強方法も確立・そして進歩しているので、理社に関しても問題ないのだ。君もこれを目指すのだ!

 常に勉強方法に創意・工夫を加えながら、限られた時間を有効に使って、第一志望突破を目指すんだ。部活もがんばれよ!! それではまたね。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中