page_top

夏期講習で「世界史」を受講していますが、全く理解できません…。

  • [2015/8/3]
  • 関連キーワード:勉強法、世界史、予備校・塾、メンタル

質問

 サブロー先生、こんにちは。高校3年・男子です。夏休みに入り、夏期講習で「世界史」を受講していますが、全く理解できずに目標の勉強時間も達成できていません。自分の志望校合格から遠ざかっていることが不安で夜も眠れず、朝になって、また不安になる…という繰り返しです。「世界史」を秋までの期間に克服するためにはどんな勉強法をとればよいでしょうか。よろしくお願いします。

回答

 こんにちは、サブローです。パスナビユーザーの諸君、8月に入り、順調に勉強が進んでいるならばよいのだが、「ヤバイ、予備校の授業に付いて行けない!」なんてことになってはいないだろうか。このまま放っておくと夏の成果を感じられないばかりか、その影響が秋になっても続くことになるぞ。今日はそんな人たちにアドバイスをしてみよう。

 不安でたまらない君に、少々厳しいことを言うが、間違っていたらゴメンね。質問に「全く理解できず…」とあるが、世界史を受験科目にしているのに「理解できない」とはどういうことなの? 明らかに授業に対する君の姿勢に問題があるんじゃないの? さらに言わせてもらうが、夏期講習を受ければ何とかなると思っていたんじゃないかな? いいか、高3の夏期講習の内容は当然受験対策だ。それを受講するならば、開始日までにしっかり教科書内容を整理整頓しておくのは当然のことだぞ。さて、それでは残りの夏休み約1か月で何をするかをアドバイスしてみるぞ。

 上述の通りに、まずは教科書の“完全理解”を目指すのだ。ほとんど知識になっていないようだから、相当時間がかかるとは思うが、もしも8月末までに終わらなくても、最後まで終わらせること。これに時間をかけすぎても決して時間の無駄ではないことは、後になって気づくから。しかしその時間は君自身が作ってしまったものだから、できるだけ時間の取れる8月中に実行するように。そして、教科書を進めながら一問一答で確認することと、問題集を使っての演習も開始しなさい。こうすると、教科書内容をただ暗記するのではなく、受験ではどのように出題されているかを知ることもできるからだ。

 教科書終了後は、これまでの模試のやり直しをしたらどうだろう。やはりどのように出題されているのかを意識するのだ。これをしっかりやることで、「世界史の勉強は横のつながりが大切」ということがはっきりと見えてくるでしょう。不明な箇所は教科書に戻って再確認すること。私大の過去問演習は、模試のやり直しと同じだ。それからセンターだが、正誤問題が解けるようになるには、「いつ、どこで、だれが、何をしたか、その理由は」を正確に理解しておかないと正解には近づくことはできない。不明な箇所があったら、また教科書に戻ってしっかりチェックしよう。

 最後に、「秋までに世界史が何とかならないか…」という質問だったが、そんな特効薬はあるわけはないよね。君の怠けた分だけ時間がかかることは覚悟してくれ。しかし、多少控えめな質問であるならば、そこまで時間はかからないでしょう。ただ、勉強をしていて、時間が足りないことを気にしてしまうとは思うが、焦ってはダメだよ。「基礎を固めた者が最後には笑うのだ」を合言葉に、歯を食いしばって頑張るのだ。それではまた。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中