page_top

推薦入試を考えている友人を見ていると不安になります…。

  • [2015/5/11]
  • 関連キーワード:入試、推薦入試、一般入試

質問

 サブロー先生、こんにちは。私は高3生の女子です。私は一般入試を受験するつもりですが、推薦入試を考えている友達を見てどうしてもイライラしてしまいます。その友達ははっきりいってあんまり頭が良くはないのですが、中堅どころの倍率の高い(10倍ぐらい)学校の公募推薦を狙っているらしいのです。私は友達が受ける所と同じぐらいのレベルの学校を第1か第2希望に考えているので、もし友達が推薦で(楽して)合格して、私が同じレベルの学校を一般入試で落ちたらどうしようと不安です。はっきりいってそれはイライラします。私は推薦は逃げているようで嫌いなので、一般入試で勝負しようと思うし、その気持ちは固いからこそ、推薦でろくに勉強していない人に負けたくありません。この気持ちはどうしたらいいでしょうか?

回答

 こんにちは、サブローです。ゴールデンウィークも終わり、ようやく落ち着いて授業ができるようになるな。中間試験目指して、サブロー自身は受け持ちの高1生に「英語の文型」をしっかり教えていくぞ~。
 それでは今日の質問に答えよう。

 もちろん想像で書くが、少々厳しいことをいうけれど、我慢して読んでね。ハッキリ言って、君よりも劣っているはずのその友人が、推薦で合格してしまいそうなんでしょう? 君は、その友人のことを「あまり頭が良くない…」「楽して推薦…」「ろくに勉強していない…」と言っているが、実は君の勉強が順調に進んでいないことや、成果が表れていないことに焦っているんじゃないのかな。また、君の質問からその友人に対して“自分より優れている部分もある…”と感じ、焦っているように感じたんだ。ホントに想像で言って申し訳ないが、2つ例を出すので参考にしてみてくれ。

① もしも相手が優れていると感じているならば… その友人のことなんか忘れるぐらいに我武者羅(がむしゃら)に勉強することだ。それができればアッという間に抜かせるはず。
② 別に相手が優れていると感じていないならば… それで良いじゃないか。眼中に入れないこと。

 一般受験でのメリットを書くぞ。一般で受験するということは、ただ受験科目の力が付くだけでなく、解答までのプロセスを大事にする考えも身につくし、集中力・忍耐力まで鍛えられるのだ。これを2~3月まで続けることは、大学入学後もその習慣は継続できるし、4月のスタートが良ければ、その後の大学生活は間違いなく充実するはず。学びたい学問に対する勉強意欲は十分だよね。そしてこれらが君という人間をますます大きくし、無敵の“学習暦”を残すことになる。学習暦とは、どの大学に行ったという学歴ではなく、大学で何をどのように学んで、その結果何を手に入れたかを言えることだ。それが就職活動を大成功に収める秘訣となるのだ。

 最後に、繰り返しになる部分もあるが、自分の意思を貫き通すのはどうだろう。つまり一般入試で頑張る。さらに、志望校を決めるときにこう考えたらどうだろう。友達が推薦を受ける大学を第3志望に設定し、第1志望の大学を決めて、そこを目指して勉強すれば、万が一のときでも第2志望には合格できるはずだ。もちろん君の頑張り次第で第1志望合格も夢ではないはず。もしそうなれば、今の悩みなんか吹っ飛ぶはずだ。「今は不合格のことなんか考えるんじゃない!」受験前にそんなことを考えるのははっきり言ってナンセンスだ!  自分自身のために、がんばろうぜ!! それではまたね。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中