page_top

新高2生の保護者。試験勉強等、やる気が出ないようです。どうしたらいいでしょう…。

  • [2015/4/13]
  • 関連キーワード:大学選び、保護者、進路

質問

 私は4月から高2生になる息子の親なのですが、子どもが「大学には行きたいのだけれど、努力ができない、頑張れない」と言い始めて春休み明けの試験勉強もやらないのです…。どうしたらやる気が出るのでしょうか? 一応、目指していた大学もあるのですが、それも親が「こんな大学もあるよ」と教えてあげた大学で、自分では全然調べないし、将来の夢すら無さそうなのですが…。どうしたらいいのでしょうか? もうすぐ2年になるし…。

回答

 こんにちは、サブローです。いよいよ新学期のスタート。今週からは授業も開始されていることでしょう。1年生は、授業のペースを早くつかみ、予習・復習そして勉強方法の確立を目指すこと。2年生は、よく“中だるみ”と言われる学年だが、ケジメをつけた生活を心掛け、勉強のペースを保つこと。3年生は、授業で疑問点や弱点を発見した場合には、すぐに克服を目指すこと。これをそのままにしておくと、いつまでたっても実践力を付けることはできないぞ。とにかく基礎を固めよう! パスナビユーザーの皆が良いスタートを切れるように願っている。それでは今日は保護者の方からの質問に答えましょう。

 現在の成績について書かれていないので、想像でお答えさせていただくしかありませんが、余り良い状態ではないと仮定してアドバイスさせていただきます。

 息子さんは高校入学当時はどのような状態だったのでしょうか? 最初はやる気に満ち溢れていたが、徐々に下降線か? 残念ながら第2志望の高校に入学したことで、最初からやる気を失っていたか? また、高1での授業への取り組みはどうだったのでしょうか? 予習・復習をせずに授業に出てしまったり、定期試験前でも、それほど緊張感がないような状態が1年間続いてしまったり… その結果何となく2年に進級できてしまうと、目標や夢などを見失ってしまう傾向にあると思います。想像で書いてしまい申し訳ありませんが、概ねこのような状態なのでしょうか?

 やる気については、パスナビHPの『サブロー先生の進路指導室』の「高校2年生になる君へ」の中に書いていますので、参考にしてください。やる気というのはきっかけがなければ出てくるものではありません。そこで、将来のことを話すきっかけを持つために、少々お遊び感覚ではありますが、使えるツールをご紹介します。

 リクルートの「リクナビ進学」というサイトへ行き、左上のメニューにある「自己分析」をクリックします。ここでは適職診断ができ、自分に向いている職業ベスト5を教えてくれます。その職業がどんなものかを調べてみましょう。さらにその分野に進むための大学や専門学校も調べられます。これを元に、大学パンフレットを揃えたらどうでしょう(私立大の新年度のパンフはもう既に配布している大学もありますが、概ね6月上旬までには全て用意されているはずです)。そしてオープンキャンパスにもぜひ参加することをお勧めします。実際にその大学の学生さんと話ができるので、たとえば「高2生の頃は何をしていましたか?」「受験勉強はどのようにやりましたか?」「やる気を出すにはどうすればいいですか?」など質問するのは息子さんにとって、大変プラスになると思います。もちろん保護者のための企画なども用意されていますので、一緒に参加されてはいかがでしょう。また、「リクナビ進学」には適学診断(自分に向いている学問)もあり、適職と同様に診断できます。良いきっかけとなることを期待しています。

 我々教員もそうなのですが、やる気の全くない生徒とのやり取りは苦労します。特に本人から言葉が出てくるまでに時間がかかるので、興味のありそうなこと、何気ない日常会話から、徐々に本題へ入っていくようにしています。途中で言葉が止まってしまったら、無理に回答を求めず、次の機会にします。“強制は禁物”です。また、そのような生徒を見ていると、マイナス面ばかり目に付いてしまいます。「もっと頑張ってよ」ではなく「頑張っているようだね」と褒め上手になるよう心がけています。とても根気の要ることです。

 時期を決めることはありませんが、徐々に将来の職業や夢、大学名が明確になってきたら、次のステップ、いよいよ勉強法について話し合う機会が持てるでしょう。独学で頑張るか? 塾や予備校に通うか? など、本人が何を希望しているか具体的に話し合い、親としてできることを伝えたらどうでしょうか。
 それでは失礼します。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中