page_top

附属推薦に落ちてしまった受験生…。今後のことについて、アドバイスお願いします。

  • [2015/1/19]
  • 関連キーワード:勉強法、推薦入試、附属校

質問

 サブロー先生、こんにちは。僕は高校3年生で12月の半ばに附属推薦の試験に落ちました。英語がとても苦手で今はコツコツやるしかないと思い、一冊の問題集をやりこんでるんですけど、試験直前に英語の成績がグッと伸びるなど、先輩達からよく聞くようなことは望めるのでしょうか。あと、附属推薦がダメでもその大学への一般試験での合格は見込みがあるんでしょうか。

回答

 こんにちは、サブローです。センター試験が終わったが、無事に自己採点を提出できたかな? 今ホッとしている人、呆然としている人、イライラしている人…、様々だとは思うが、センターは終わったのだ。次の試験に向けて動き出そう。そして、忘れてはいけないのは、センターのやり直しを21日(水)までには全てやり終え、苦手箇所の克服を必ずやることを約束してくれ。今後の入試に必ず役に立つはずだ。それでは今日の質問に答えるが、大学附属高校の内部推薦入試については、その基準はさまざまなので何とも言えない。だからその推薦入試に不合格の場合に、一般試験で合格できるかどうかの判断は私には正直できないが、今後どのように将来のことを考えていくかも含めてアドバイスしていこう。

 大学の附属高校(中学からかな?)に入学したことで、安心してしまったのかな? まぁ入学時はそうでないにしても、徐々にそうなっていったのだろう。英語が苦手ということは、間違いなく努力が足りなかったことが今回の原因と考えてもよいだろう。質問の中に「今、一冊の問題集をやりこんでいる…」とあるが、それが長文の問題集で、それを元に単語・熟語・文法・語法・構文なども合わせて学んでいるというのであれば、効果は期待できるが、文法の問題集だけをやっているようでは、あまり効果は期待できないぞ。また、これまで英語の苦手克服に努力していないならば、基礎ができていないはずだ。その基礎を今の勉強で補うことができているかが心配だ。具体的に言えば…、『ある整序問題ができなかったとする。先生に聞いてみたら、関係代名詞の省略に気が付かなかったことが原因であった。すぐに先生から関係代名詞のプリントをもらって、何度も練習した。』 問題などを解きながら、こういったことを繰り返すことで、徐々に君の文法や語法などの苦手箇所を克服できるのだ。もしも「ヤバイ!」と思ったら、今からでも遅くない。できる限り苦手箇所を少なくしていくのだ。そうすれば、質問にあるように「グッと伸びる…」が実現できるかも! 

 最後に、今年の受験の結果、その第一志望の大学ではなく、他の大学しか合格がもらえなかった場合はどうする? もちろん蹴って浪人するという選択もあるが、その場合は悔しさがどれくらいあるかを自問自答しよう。その悔しさが大きければ大きいほど、その気持ちを維持して一年間勉強できるだろう。でもその悔しさがそうでもないならば止めたほうがいい。またもう一つの選択肢として、他の大学に行くことになった場合には、今回の失敗を取り戻すつもりで必死に勉強しなさい。そして、3~4年後の就職活動でその成果を挙げようよ。
 それではまたね。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中