page_top

農学部志望の高2生。新課程「理科」の入試科目についてアドバイスお願いします。

  • [2014/9/17]
  • 関連キーワード:入試、農学部、センター試験、新課程、理科

質問

 サブロー先生、こんにちは。高2の女子です。農学部への進学希望です。私が受験することになる2016年入試の「理科」は、おそらく今度の2015年入試での「入試科目」と同じになると考えています。私の高校では、理科は「基礎」の科目しか授業がないので、「基礎を付していない」科目は塾に行って勉強しようかと思っています。東海大学・農学部や玉川大学・農学部では、基礎の2科目受験でいけるのですが、明治大学の農学部では「基礎を付していない」科目でしか受験できません。いずれも『センター試験利用入試』ですが、この3校をセンター利用で受ける場合は、例えば「生物基礎」「化学基礎」と(基礎を付していない)「生物」の3科目を受けることになるんでしょうか? また、東京農業大学の農学部(4科目型)の場合は「化学と生物」の2科目が指定されていますが、この大学も併願するとしたら、「生物基礎」「化学基礎」と(基礎を付していない)「生物」「化学」の4科目を受ける必要があるのでしょうか? ちなみに、「基礎を付していない」科目の勉強は、塾に行かずに自分だけで進めることは可能でしょうか? よろしくお願いいたします。

回答

 こんにちは、サブローです。例年の9月ならば、もう少し残暑が厳しかったように思うが、今年は秋の訪れが早いね。この爽やかな時期に、しっかり勉強に励もう。今日は高2生からの質問だが、徐々に受験を意識し始めている高2生も多いことだろう。それもそのはず。新課程となる君たちの最大の関心は、何といっても「理科」と「数学」だ。特に理科に関しては、今日の質問のように、各大学の理科の入試科目がどうなっているか、心配なところだ。その辺りを中心に、勉強方法についても触れてみよう。

 まず、「理科」の受験科目についてだ。実は、6月頃になっても各私立大学の発表が出揃っていなくて、その頃には、全国の受験生のイライラは頂点に達していた。どの大学も他大学の動きを見てから徐々に決定し始めたようだ。余談はこれぐらいにして・・・。君の質問の「2016年入試では変更があるかどうか?」だが、農学部に関しては大きな変更はないと思うけど、看護・医療・栄養系を志望している人たちは、チョッと注意が必要だと私は予想する。その理由は、2015年入試では、各大学によって受験科目がバラバラで受験生も皆困っている。と言うことは、受験生が分散してしまい、各大学で受験者減少の影響がでてくるはずなのだ。そのため、もしも極端に受験生が減るようなことがある場合には、大学は受験科目の変更を行って、受験生確保に乗り出す可能性があるからだ。この系統を志望している人は要注意だよ。 (以下、「基礎を付していない科目」を「発展科目」と表記)

 次に本題に入るが、センター本番での理科の受験パターンは、
(1)基礎2科目
(2)発展2科目
(3)基礎2科目と発展1科目
(4)発展2科目
 の4パターンとなっているので、質問の中の「生物基礎」「化学基礎」「生物」「化学」の4科目を受験することは、残念ながらできないのだ。そこで今考えられる受験方法としては、①高校で履修している基礎科目を受験科目とする場合は、東海大と玉川大を受験することになる。もう一つの受験方法としては、②もしも独学で、または塾などで、発展科目を勉強する場合は、その2科目受験で明治大と東京農大にも挑戦できることになる。しかしこの受験方法で注意することは、センターで明治大と東農大を受験する場合には、発展科目で受験しなければならないので、東海大も玉川大も同様にそれで受験しなければ、4大学を併願できなくなることを覚えておこう。具体的には以下の通りだ。
「東海大は発展2科目受験した場合は第1解答科目で合否判定」
「玉川大は発展2科目受験した場合は第1解答科目で合否判定」
「明治大は発展2科目受験した場合は第2解答科目で合否判定」
「東農大の4科目型受験は発展2科目で受験」
 そしてさらに問題となるのは、明治大の第2解答科目での合否判定だ。②の勉強をした場合には、生物も化学もどちらも苦手教科にはせずに、両科目ともしっかり得点できる力を身に付けることが必要になる。そのためにも東農大の受験は3科目型ではなく4科目型の方がベターだね。さらに倍率も4科目型受験の方が低いはずだぞ。HPでチェックしてね。

 それでは最後に勉強法についてだが、一般的なことを言うと、授業でやっていない教科を独学で勉強をするのは大変なことだ。授業を通しての理解があって、問題演習で力が付いていくと考えるのが普通だ。しかし、これはあくまでも一般論であって、人それぞれだと思う。君は私立志望なのだから、できるだけ出費は抑えたいだろう。そうであるならば、独学でやってみるか? まず教科書を買いなさい。そして読み進めながら練習問題を解いていく。その解答については、一般の書店で販売している「教科書ガイド」を使えば解決するだろう。ただし、それだけでは理解できない箇所については、もちろん先生を活用するのだ。その先生に、こんな勉強をしているんだと言うことをアピールして、練習問題などをもらっちゃいなさい。今から即勉強を始めて、順調に勉強が進んでいるようであるならば最高だが、2・3か月たって、上手くいっていないなぁと感じた場合に、塾に相談してみよう。
 それでは頑張ってね。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中