page_top

高1生。部活動が忙しく、なかなか勉強時間が取れません…。

  • [2014/8/25]
  • 関連キーワード:勉強法、部活動、高1生

質問

 こんにちは。高1生の女子です。筑波大学看護学類を目指しています。でも、遅くまで部活で、なかなか勉強時間が取れません。帰宅部の人は、勉強時間が取れているようなので、内心焦っています。部活を辞めようかと悩んでいます。でも、そうすると、友達関係もギクシャクしそうだし…。先のことを考えたら、部活は辞めたほうがいいですか? 続けるとしたら、勉強時間はどのようにすればいいのでしょうか?

回答

 こんにちは、サブローです。結論から言うと、部活は続けるべきだ。もちろん部活に入っていなくても、高校生活で学ぶことはたくさんあるのは言うまでもないが、部活を通して学ぶことって、それ以上に大きいのだ。一つの目標に向かって部員一丸となるために必要なことは協調性。つらい練習などに耐えていく忍耐力。もちろんいろいろな能力もアップしていくのは、人生において、ものすごい財産だ。部活を始めて5か月ぐらい経ち、つらいこともあったとは思うが、3年間部活動を続けることで、人間的に大きく成長できるのは間違いないよ。

 さらに、私の経験から言うと、部活動をしっかりできていた人は、その後しっかり勉強できた人が多い。逆に… 言わなくてもわかるね。結局、勉強のために部活を途中でやめるような中途半端な人は、どちらも上手くいかないのだ。部活をしっかりやり、限られた時間の中で、ケジメをつけて勉強すれば、絶対に両立はできる。それでは、君が悩んでいることについて、いくつかアドバイスをするので、参考にしてくれ。

 君の第一志望合格のためには、難問を解かなければならないか? もちろんそこまで力が付けば言うことないが、基礎を身に付けることこそが、志望校合格の最低条件だ。学校の授業を疎かにして基礎力・応用力を養うことは絶対に不可能。これを解決するには、「授業内容の知識をどう定着させるか」と、部活と両立するための「時間の使い方」を見直すことが必須だ。

 まず『全教科授業時間内での理解』を目標にすること。これを実現するには予習が重要。得意科目は、それほど時間をかけなくても良い。苦手科目は、やはり時間はかかるはずだが、英語・国語ならば、不明な単語などはないようにするとか、数学なら例題までは解いていくとか…。とにかく何もせずに授業に出ることはダメ。そして疑問点を発見したら、その日のうちに解決すること。そしてここが重要だが、予習である程度理解できた箇所も、疑問点が解消された箇所の、「演習」を忘れないこと。その演習が、“知識の定着”となり、“無敵の基礎力”となり、さらに、“応用力への架け橋”となるのだ。これは私が常に言っている勉強方法の基本だ。「学習→疑問→質問→理解→演習→知識の定着」この演習の時間は、腰を落ち着けてやる必要があるので、部活の休みなどに一気にやってしまう方が効果的だ。

 次に時間の使い方だが、まずは睡眠時間をしっかり確保するように。これを削って、授業中に居眠りでは困る。その上で、過去1週間の24時間の自分の行動をすべて記録してみるのだ。帰宅後の時間があまりなくても、学校での休み時間なども入れてみると、使える時間って結構見つかるものだぞ。時間を取れる場合には、比較的重たい内容の勉強を。逆の場合は、暗記モノなどの単純作業を入れたらどうだろう。限られた時間でも、勉強方法を工夫することによって効果は徐々に上がるはずだ。勉強時間の長さを気にするんじゃない。短い時間でも集中して勉強することが大切なんだ。

 最後に、国公立大合格の秘訣は…「高2の終わりまでに、国数英3科の基礎を押さえておけば、高3ではその3科の問題演習にすぐ取りかかることができ、応用力が身に付く。そして、理社にかけられる時間も増えるので、合格に近づくというわけだ。」君もこれを目指そう!

 常に勉強方法に創意・工夫を加えながら、限られた時間を有効に使い、第一志望突破を目指すんだ。部活と勉強の両立は絶対にできる!! そんな高校生活を過ごした君には、素晴らしい大学生活が待っているぞ! それではまたね。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中