page_top

高1生。数学と理科が苦手です…。勉強法についてアドバイスをお願いします。

  • [2014/5/12]
  • 関連キーワード:勉強法、高1生、数学、理科

質問

 サブロー先生、こんにちは。高1生の女子です。いつもいつも数学と理科のテストが足を引っ張ってしまいます。中学校の時も定期テストで平均点を下回ってしまい、親に怒られていました。色々と勉強方法を考えて(問題をたくさん解いたり、解説を読みながら勉強を進めたり)取り組みましたが、結果には繋がらず悔しい思いをしてきました。計算は幼い頃から得意なのですが、図形や関数の応用問題になると解けません。理科も暗記はなんとかできるのですが、応用問題で計算が出ると解けません。なぜそのようになるのか理解しないと私は頭に入らないので、教科書を読んでノートにまとめたりしましたがうまくいきませんでした。こんな私に合いそうな効率の良い勉強方法はありますでしょうか? 教えてください。(偏差値は中3時、両方とも50前後でした。)

回答

 こんにちは、サブローです。爽やかな日々が続いているが、順調に勉強は進んでいるかな。3学期制の高校ではそろそろ中間試験が行われるでしょう。しかし普段の受験勉強のペースを止めて、中間試験に命懸けになるようなことだけは絶対にするなよ。(評定平均を上げなきゃ…と推薦・AO狙いの人も合格が保証されているわけじゃないから、気を付けなさい。)今授業を受けている受験科目を、中間試験のために暗記で済ますことなく、しっかり知識として残しておくように! それでは今日は高1生からの質問に答えよう。

 君の質問を読む限り、問題演習を繰り返したり、勉強方法を工夫したり、また自分の得意・不得意もわかっているようだ。やっていることは間違ってないよ。しかし、それでもなかなか偏差値50を越えられなかった理由は何だろう? その問題点は、もしかすると勉強の姿勢が『受け身』になっているからではないかな。 恐らく君は、いつでも真面目に勉強に取り組んでいる生徒だと思う。だけど、苦手意識の強い科目は、どうしても復習中心になっていたんじゃないかな。もちろんこれが間違っているわけではないが、本番の入試で必要な力と言うのは、誰の助けも借りずに、自力で解答まで到達できる力だ。

 そこで、これからは苦手な数学・理科を予習中心でやってみたらどうだろう。最初は完璧な予習までできなくてもいいけど、授業で、先生の解説を聞きながら、どの部分まで考え方が一致しているかを知ることが大切なんだ。これを繰り返すことによって、徐々に解答までの距離を縮め、最終的に自分ひとりで、解答まで到達できる力を養うのだ。つまり『論理的思考能力』を鍛えるのだ。これを身に付けるには、やはり予習が大切だぞ。

 最後に、「効率の良い勉強方法を教えて」という相談をよく受けるんだが、一言では説明することは難しい。第一志望に合格できた人は、よく合格体験記などで「効率良く勉強できた」という言葉を残しているが、そこへ行き着くには「常に謙虚な姿勢で学ぶこと」「基本を大切にすること」「プロセスを大事にした勉強を心掛けること」を続けたことで習得できたわけなのだ。一朝一夕で手に入れられるものではない。君は、まだ高校生活が始まったばかりだ。十分に時間はあるから、上記のことをいつも意識して勉強に取り組めば、必ずこの勉強方法を発見できるようになるよ。
 それではまたね。
 サブロー

お悩み相談は、毎週更新!!

サブロー先生宛ての「受験」「勉強法」に関する『お悩み(質問)』をお寄せください。(毎週、お寄せいただいた「お悩み」の中から、一つに対して先生が当サイトにて回答・掲載してまいります)なお、すべてのご質問には回答できませんので、あらかじめご了承ください。

サブロー先生

サブロー先生

都内・某私立高校で長年にわたり進路指導部長を務める。2018年4月からは2年生(特進クラス・理系)の担任に。英語科の教員としても、その指導には定評がある。また、音楽は趣味の領域を超え、おやじバンドコンテストで全国優勝するほどの腕前。学校でもフォークソング部の顧問として、生徒たちのバンドを熱血指導中。「大学受験パスナビ」では『お悩み相談』と『サブロー先生の進路指導室』を担当。

サブロー先生のお悩み相談 記事一覧

進路・お悩み相談 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中