page_top

【連休中の運営に関して】2017年4月29日(土)~2017年5月7日(日)の期間、サイト更新や問い合わせは対応いたしかねますのでご了承ください。

第13回:『おもしろ代名詞』を楽習しよう!

  • 大岩ヒデキ先生のちょっと役立つ“英語楽習”

 どうもこんにちは! 楽しかったゴールデンウイークも終わっちゃって,あとは夏休みまで特に祝日がないという,魔の期間へ突入しちゃいましたね。しかし,見方を変えれば,やっと一定のリズムで生活が送れる時期がやってきたとも言えるのがこの時期だよね。4月とかバタバタして,何をやったのかすでに覚えてない人も多いでしょ?(←私だけ?)…こんなことにならないように,これからの時期は落ち着いていろんなことに挑戦していきましょう!…というわけで,今回も(今回こそ)落ち着いてこのコーナーを担当させていただきますのは,わたくし,大岩ヒデキでございます! よろしくお願いいたします!

 突然だけど,最近また英語の勉強が楽しくなってきちゃってね,時間を見つけて勉強するようにしてるんだけど,勉強するたびに「ああ,学生って超うらやましいなぁ」って思うんだよね。だって,いくら勉強したって誰にも文句言われないんだよ? 社長さんとかに,「ちみちみ~,はやく書類を提出してくれたまへ」とか言われないんだよ? 間違っても先生とかに「勉強しすぎ~。青春は一度きりだって,マジで。一緒に太陽に向かって走る?」とか言われないでしょ? 学生って,いろんな意味で特権階級なんだよ。それを最大限活用っていうか,もう利用しつくさないと本当にもったいないからね!(←うらやましくてしょうがない)

 さて,そんな特権階級なあなたに送る,今回の「ちょっと役立つ英語楽習」ですが,「おもしろ代名詞」の話をしちゃおうかな。それは,「itとheとshe」のお話。heとsheは男女の違いで明確な区別があるわけだけど,itとhe,itとsheって結構難しいのよね。

次の名詞を受ける場合はit?he?she?

□1:a man
□2:a woman
□3:a baby
□4:a dog
□5:a cat

□6:my husband
□7:my wife
□8:my baby
□9:my dog
□10:my cat


さあ,どうでしょう???
 正解は,こちら!

□1:a man→男性なのでhe
□2:a woman→女性なのでshe
□3:a baby→状況によりit, he, she全部OK
□4:a dog→人以外なのでit
□5:a cat→人以外なのでit

□6:my husband→男性なのでhe
□7:my wife→女性なのでshe
□8:my lovely baby→おそらく he, she
□9:my lovely dog→おそらく he, she
□10:my lovely cat→おそらく he, she


 明らかに男性であればhe,明らかに女性であればsheは納得できても,「babyがit?」「dogやcatなのにheやshe?」というのはちょっと納得できない人もいるよね。実は,この説明は諸説あってね。どの説が真実なのかはわからないんだけど,納得はできると思うので,今回はその説の1つを楽習してみよう!


 実は,この使い分けは,「意思の疎通ができるかどうか」という視点を持つとわかりやすいんだよね。「a baby」「a dog」「a cat」はaがついているので,特定の赤ちゃんや犬や猫じゃないよね。これらは普通「意思の疎通ができない」ので,itで受けるのが基本。ただし,a babyは,男の子か女の子かがわかっている場合はheやsheでももちろん受けるよ。


 一方で「my lovely baby」「my lovely dog」「my lovely cat」は「意思の疎通ができる」ので,今度はheやsheで受けるのが基本になるんだよね。だって,赤ちゃんが「バブー」って言ったら,「な~に,この子,さっきご飯食べたのにもうお腹すいちゃったみたい」とか,犬が「ワン」と吠えれば,「うちの子,しゃべるのよ! ほら,今もゴハンって行ったでしょ?」とか,猫が「ニャー」と鳴けば,「にゃんですか? おちゃんぽにいきたくにゃったんでしゅか?」とか言うじゃん。ね? だから,コミュニケーションが成立してしまうので,今度はheやsheで受けるというわけだね。


 入試でも,動物が登場して,それがペットだと代名詞が「he(オス)」や「she(メス)」になっている場合があるので,heやsheが常に人間を指すわけではないということも覚えておかないと危険だよ。(そして,heやsheを使った筆者は自分のペットと,上記のような会話が行われていると思われるので,想像してニヤニヤしてやってくださいね)


 おおっと! ちょっといろんな想像をしてニヤニヤしようとしたら,今月ももう終了のお時間なようですね…。それではまた来月,特に祝日のない6月にお会いいたしましょう! それでは,今月はここまで。お疲れ様でした!


 …さて,来月はどんな雑…ちょっと役立つ話にしようかな!?

著者プロフィール
大岩ヒデキ先生

大岩秀樹先生

東進ハイスクール・東進衛星予備校の英語科の人気講師。英語が苦手な生徒を英語好きに変えてしまうという、情熱とユーモアあふれる わかりやすい授業は大好評。レベルを問わない「本物の基礎力」の養成にこだわった英語力アップを唱え参考書の執筆等も手がけている。血液型:B型。福島県出身。 主な著書に『大岩のいちばんはじめの英文法(英語長文編)』(東進ブックス)、「高校 とってもやさしい」シリーズの『英文法』『英文解釈』『英語のワーク』(いずれも旺文社)。2015年4月21日に『高校 とってもやさしい英文法 改訂版』が刊行。

大岩ヒデキ先生のちょっと役立つ“英語楽習” 記事一覧

入試・勉強法 記事一覧