page_top

第3回:『「have」のお話』

  • 大岩ヒデキ先生のちょっと役立つ“英語楽習”
  • [2013/7/1]

 暑い! 何でこんなに暑いの!? って言っちゃうくらい暑い!
(↑答え:夏だから)

 いくら「暑い」って言っても涼しくはならないから,ならばいっそのこと言うのをやめてみるのはどうでしょう? …というよくわからない提案をしつつも,『ちょっと役立つ英語楽習』の世界へようこそ! もちろん担当はワタクシ,実は暑さに弱い大岩ヒデキでございます。今月もよろしくお願いいたします!

 そうそう,「暑い」って言えば,「 cold < cool < warm < hot 」という感じで温度が増すのが一般的。あえて日本語にすると「 さむっ < すずし~ < ぽっかぽかですね~ < あっちぃ~ 」という雰囲気でしょうかね。もちろん絶対的な基準ではないけど,「coolとwarm」あたりが心地よく感じる温度という感じかな。(←ぜひ,使い分けてみてね)

 しまった! これを今回の「学習」にすればよかった!
…え?「楽習」っていうほどの内容じゃないって? わかりましたよ。もっとinterestingな内容に飢えているわけですね。もう,欲しがりなんだから! じゃーしょうがない。今日はとっておき…というほどのものでもないけど,あの話をしちゃおうかな。

 あれは,オレが20歳の時の出来事だった…。夜中にふと目をさますと,いつもは感じない妙な気配がしたのさ。あれ? 変だな。と思ったオレは何気なく部屋を見渡してみた。すると,何も置いていないはずの場所に,何か黒い影が見えるじゃないか。その大きな影をじっと見つめていると……というたぐいの話ではもちろんない。(←今回も自由すぎる内容)

 今回「楽習」するのは,すごーくよく使うのに,実はその正体を知る者はあまり多くないという,とある「単語」の物語だ。では,お話を始めよう。

『haveちゃん』のお話

昔々,あるところに,働くことが大嫌いな者ばかりが住む村があった。しかし,そんな村にも,たった一人だけ,無口だがよく働く若者が住んでいた。その若者は村人からhaveちゃんと呼ばれていた。無口だが働き者のhaveちゃんは,背中にいろんなものを背負っては,少しでもみんなの役に立とうと朝から晩まで働いた。物を背負えば「持っている」,兄弟を背負えば「兄弟がいる」,ペットを背負えば「飼っている」のように,haveちゃんに背負えないものはないという噂が立つほど,とにかくいろいろなものを背負うことができたのだ。そんなhaveちゃんは,働くことが大嫌いな村のみんなの分まで一生懸命働いた。

 そんなある日のこと,いつものように懸命に働いていたhaveちゃんは,急に「have a headache」な状態になり倒れてしまった。最初は疲れがたまっているのだろうと村人は軽く考えていたが,その後もhaveちゃんの容体はいっこうに回復せず,「have been ill in bed」な生活が長いこと続いた。働くことが大嫌いな村人たちも,その間は交替で懸命にhaveちゃんを看病した。もちろん,村人は「have someone send for a doctor」し,医者に診察を依頼したが,結局原因はわからず,haveちゃんの容体は日に日に悪化する一方だった。村人たちは,神様にhaveちゃんの回復を懸命に祈り,自分たちの行動を悔い改め,haveちゃんの分まで一生懸命に働いた。

 そんな生活がしばらく続いたある日,haveちゃんは元気いっぱいに起き上がったのだ。村人の心からの改心を見た神様が,村人の願いを聞き入れてくださったのだ。実は,haveちゃんの病気は,神様がhaveちゃんに休憩を与えると同時に,村人たちを悔い改めさせるために与えたものだったのだ! 全ては,神様の思惑通り。神様も,村人も,そしてhaveちゃんもにっこり。みんなが働き者になった村で,無口だったhaveちゃんはひと言だけ話すようになった。みんなが疲れてきた頃だな…と思ったとき,haveちゃんは村人に向かって,大きな声でこう言うのだ。「Let’s have a break!」



…いや~感動した! 泣けるね! …え? 何が言いたいかわからないって?
そんなの「haveっていっぱい意味があるよね」ってことに決まってるじゃないですか!
実は,基本動詞ってすごくたくさん意味があるので,逆に使いこなすのが難しいと感じている人も多いんだよね。そこで,今回はhaveの話をしたってわけ。

 結論だけど,「全ては,神様の思惑通り=神様のテリトリーでの出来事だった」をあえて太字にしたんだけど,haveの基本の意味は「主語が自分のテリトリーの中に何かを持つ」という感じなんだよ。



□ I have a book. ←テリトリーに本を持つ
 (私は本を持っています)

□ I have two sisters. ←テリトリーに2人の姉妹を持つ
 (私には2人の姉妹がいます)

□ I have a dog. ←テリトリーに犬を持つ
 (私は犬を飼っています)

□ I have a headache. ←テリトリーに頭痛を持つ
 (私は頭が痛い)

□ I have been ill in bed for ten days. ←テリトリーに10日間ベッドにいる状態を持つ
 (私は10日間病気で寝ている)

□ I will have someone send for a doctor. ←テリトリーに誰かが医者を迎えに行く状態を持つ
 (私は誰かに医者を呼んできてもらうつもりだ)

□ Let’s have a break! ←テリトリーに休憩を持つ
 (休憩しよう!)



日本語だと覚えるのが大変だけど,基本動詞の基本の意味を押さえてしまえば,haveの使い方がよくわかるよね。これからは積極的にhaveを使っていろんな表現を試してみてね!

 おっと。今回ももう終わりのお時間みたいですね。
 来月もちょっと役立つ話を「楽習」したいと思いますので
 また,楽しみにきてくださいね!

 さて,次回はどんな雑…ちょっと役立つ話にしようかな!?

著者プロフィール
大岩ヒデキ先生

大岩秀樹先生

東進ハイスクール・東進衛星予備校の英語科の人気講師。英語が苦手な生徒を英語好きに変えてしまうという、情熱とユーモアあふれる わかりやすい授業は大好評。レベルを問わない「本物の基礎力」の養成にこだわった英語力アップを唱え参考書の執筆等も手がけている。血液型:B型。福島県出身。 主な著書に『大岩のいちばんはじめの英文法(英語長文編)』(東進ブックス)、「高校 とってもやさしい」シリーズの『英文法』『英文解釈』『英語のワーク』(いずれも旺文社)。2015年4月21日に『高校 とってもやさしい英文法 改訂版』が刊行。

大岩ヒデキ先生のちょっと役立つ“英語楽習” 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中