page_top

第1回:『和製英語(わせいえいご)』

  • 大岩ヒデキ先生のちょっと役立つ“英語楽習”
  • [2013/5/1]

 5月です! 新コーナーです!
 …というわけで,今月からスタートする『ちょっと役立つ英語楽習』の世界へようこそおいでいただきました!
 担当させていただくのは,ワタクシ,大岩ヒデキと申します!
 よろしくお願いいたします!

 さて,今回は記念すべき第1回ということなので,最初に自己紹介などさせていただこうかしら。

 ワタクシ,大岩ヒデキ(大岩秀樹)は,東進ハイスクール・東進衛星予備校という大学受験予備校で英語講師をしています。また,参考書などを執筆する仕事もチョットだけしています。

 そんな仕事をしていても,普段の授業や参考書では「なかなかできない話」というのが,やはりあったりするわけです。
 ほら,授業なら時間が,本ならページ数が決まっているし。
 そんなわけで,そんな『ちょっと役立つ英語の話』を学習って言うか『楽習』しちゃおうというのが,この新コーナーなのです!(簡単に言うと,英語に関するヒデキの雑談ってことになるわけだが,雑談って呼ぶとちょっとアレだから,呼ばないように。
 あくまでも「ちょっと役立つ英語の話」です。←重要)

 そんなわけで,毎月,「何の話」を「どんな形式」でするかは全くの未定!
 その時にワタクシが伝えたい話を,ひらめいた形式でお伝えしたいと思います!(←確実に雑談っぽい)

 それではさっそく今回の…と行く前に,なぜ4月からでなく5月から新コーナーがスタートしたのか気になって気になって仕方がないという「あなたの疑問」にお答えしましょう。
 それは,新生活が始まったばかりで,新しい環境に慣れるまでは『英語で言ってみよう!(←前のコーナー)』という変わらぬ世界,つまり「安心できる世界」があったほうがいいのではないかという親心みたいなものです。
 決して,本当は4月からスタート予定だったのに,大岩が「新コーナー打ち合わせ」に参加する時間がなかったために,5月スタートという斬新なスタートになってしまったということではないので,その辺は誤解なきようお願いいたします…。

それではお待ちかねの第1回『ちょっと役立つ英語楽習』といきましょう!
記念すべき第1回目は…そうですねえ。『和製英語(わせいえいご)』についてちょっと話しちゃいましょう。『和製英語』って知ってます?

 …そうなんですよ!
 「ホチキス」のように,カタカナでいかにも自分は英語です! …みたいな雰囲気満点なのに,実は日本で作られたバリバリの日本語のことですね。
(英語でホチキスは「stapler(ステイプラ-)」だよ)

 英語圏で使っても全く通じないことに気がついたときの残念感は,海外旅行で買ったお土産(おみやげ)が「made in Japan」だったときの残念感とほぼ同等です。(私はどちらも経験済みなのでよくわかる)

 あなたにはそのような思いをして欲しくない!
 …ということなので,
 今回は代表的な和製英語をちょっと一緒に見てみませんか!?

《いきなりクイズ》 『本当は英語で何て言うでしょうか?』

次の5つのカタカナ語は,和製英語です(見た目にだまされてはいけません)。
本当は英語で何て言うでしょうか!? では,制限時間1分間で答えてみてください!

 □1:キーホルダー
 □2:コンセント
 □3:アフターサービス
 □4:ガソリンスタンド
 □5:シャープペンシル

さあ,いかがでしたでしょうか?言いたいことはわかります!
 今まで英語だと信じていたこれらが,実は日本語だったなんて…。
 ちょっとした裏切り行為にあった気分ですよね。
 でもその気分を,実際に海外で味わうと10倍ダメージが大きいんです!
 だから,ちょっとここで『楽習』しちゃいましょう!

 それでは,本当の英語にご対面!

□1:a key ring/a key chain
ホルダー(holder)には「入れ物」という意味があるので,キーホルダーだと,カギの入れ物みたいな意味になるらしい。

 □2:a(wall)socket
アメリカでは「a(wall)outlet」,イギリスでは「a power point」と言っても通じるのがシブイよね。何だか力がつきそう。

 □3:service
まさか「サービス」だけで通じるとは…。ちなみに,イギリスでは「after-sales service」とも呼ばれるよ。

 □4:アメリカ a gas station/イギリス a petrol station
「stand」には「a newspaper stand(新聞売り場)」のように,「売り場」という意味があるので,「ガソリン売り場」のつもりで和製英語にしちゃったのかもね。そういう誤解って,あるよね。うん,あるある。

 □5:an automatic pencil/a mechanical pencil
 シャープペンシルの英語は「シャーペン」だと思ったあなたは,私がはじめて答えたときと同じ答えです! おめでとう!

 さあ,いかがでしたでしょうか!?大岩秀樹先生
 今回紹介したもののほかにも,和製英語たちは日本国中にひそんでいるという噂なので,カタカナ語を見つけたら,クイズ感覚で答えを辞書でひいてみると意外な発見があるかもしれませんよ!?

 …はっ!
 気がつけば,初回なので調子にのってめっちゃ長く書いてしまいました。(もう終わります。すみません。次回からは気をつけます。)  というわけで,今月から始まった新コーナー『ちょっと役立つ英語楽習』を今後ともよろしくお願いいたします!!!

 さて,次回はどんな雑…ちょっと役立つ話にしようかな!?

著者プロフィール
大岩ヒデキ先生

大岩秀樹先生

東進ハイスクール・東進衛星予備校の英語科の人気講師。英語が苦手な生徒を英語好きに変えてしまうという、情熱とユーモアあふれる わかりやすい授業は大好評。レベルを問わない「本物の基礎力」の養成にこだわった英語力アップを唱え参考書の執筆等も手がけている。血液型:B型。福島県出身。 主な著書に『大岩のいちばんはじめの英文法(英語長文編)』(東進ブックス)、「高校 とってもやさしい」シリーズの『英文法』『英文解釈』『英語のワーク』(いずれも旺文社)。2015年4月21日に『高校 とってもやさしい英文法 改訂版』が刊行。

大岩ヒデキ先生のちょっと役立つ“英語楽習” 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中