page_top

2019年・第10回:英検®2級レベルの「Writing」問題で、基礎力をチェックしよう!

  • 大岩ヒデキ先生の「英検2級プラスα」の英語力を身につけよう!
  • [2020/1/17]

 I hope you will have a great year!…ということで,新年 明けまして おめでとうございます! 2019年年末~2020年年始にかけての仕事が終わった直後から体調を崩しまして,やっと復活したのはワタクシ,大岩ヒデキでございます。本年も,宜しくお願いいたします。

 さて,受験学年の人は待ちに待ったシーズン到来ですなぁ。そうです,受験本番がすぐそこの曲がり角までおいでになっております! 準備万端ですか? 過去問演習は完璧ですか?…なんて聞かれて,「YES」と答えられる人は,ほとんどいないわけで。大半の人たちが電動バイクで日本中を巡る某芸人さんのように,「ヤバイヨ,ヤバイヨ」状態になっていることでしょう。つまり,何を言いたいかというと,「みんな同じだから焦らなくていいよ」ってことです。

 やることをやれば受かる。それが受験。つまりそれは,客観的に見て「やるべきこと」に残された時間を費やせば,合格の可能性は高くなるってこと。もちろん,大学ごとに「やるべきこと」は違ったりするわけなので,「過去問が教えてくれること」に耳を傾けて,確実に前へ進むような時間を過ごしてくださいね。

 そして,そんな受験学年の背中を見て,勉強に励んでいる非受験学年のアナタ! 今は何をすべき時期か知っているかい?…そうだね,ぼちぼち基礎力の完成期へ突入の時期だね! 基本的な単語・熟語・構文・文法・文構造(文の展開パターン)はそろそろ身に付いた? 最近,「リスニングなどの音声学習」に力を入れすぎていて,それらの基本が身に付いていない人急増中(いや,マジメな話をすると『激爆増中』)なので,本当に気をつけてね(具体的には試験で,リスニングは6~7割程度取れるのに,リーディングが1~3割くらいしか取れない人がめちゃくちゃ増えています)。

 基礎力を身に付けないと,リーディングが伸びないのは言うまでもないけど,リスニングも6~7割から全く伸びなくなるので注意ですよ。なぜなら,そこから先の領域は「パーツが聞き取れた」だけでは答えられない領域に突入するから。例えば, What I love is what you love. みたいな簡単な文の構造が瞬間的に理解できない人は,リーディングはもちろん,リスニングの内容もわかるはずもなく。そう遠くない未来において極めて深刻な状況を体験することになるのはおわかりになるかと。なので,もし,その状態の人はこの1月から本気で基礎力養成に力を入れてね。

 では,基礎力が完成しているかどうか,それはどうやってチェックすればいいのか??? そんな難しい問に対する最適解がこの日本には存在するのです! それはもちろん…英検! しかも2級レベル! その中のライティング! 難し過ぎず,簡単すぎず。基本的なことができていれば,きちんと高得点が取れる(逆に,基礎力がないと点が,ちゃんと取れない)。選択問題じゃないから,まぐれで点が取れることもなく,きちんと自分の実力を知ることができる。もう,ハッキリ言いますけど,最高です。

 …というわけで,新年一発目の問題に挑戦してもらうわけだけど,もちろん,受験学年の人が挑戦しても百利あって一害無しだからね! 今言ったように,基本的なことができているかどうかの確認ができるので,大学受験の英作文にもプラスの影響しかないから。…え? もう待てないって? じゃあ,問題はこちらです。自分なりにでいいので,制限時間を設定してやってみてね(一応,解答時間の目安は20分)。

著者プロフィール
大岩ヒデキ先生

大岩秀樹先生

東進ハイスクール・東進衛星予備校の英語科の人気講師。英語が苦手な生徒を英語好きに変えてしまうという、情熱とユーモアあふれる わかりやすい授業は大好評。レベルを問わない「本物の基礎力」の養成にこだわった英語力アップを唱え参考書の執筆等も手がけている。血液型:B型。福島県出身。 主な著書に『大岩のいちばんはじめの英文法(英語長文編)』(東進ブックス)、「高校 とってもやさしい」シリーズの『英文法』『英文解釈』『英語のワーク』(いずれも旺文社)。2015年4月21日に『高校 とってもやさしい英文法 改訂版』が刊行。

大岩ヒデキ先生の「英検2級プラスα」の英語力を身につけよう! 記事一覧

英語外部検定利用入試特集に戻る

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中