page_top

新型コロナウィルスの影響により、オープンキャンパス等、学校の予定が変更になる可能性があります。
必ず大学ホームページ等、公式の情報を事前にご確認ください。

2019年・第9回: 大学入学共通テストを前に悩んでいる君へ! 英検®2級レベルの「Reading」問題を解いてみよう!

  • 大岩ヒデキ先生の「英検2級プラスα」の英語力を身につけよう!
  • [2019/12/17]

 今年ももうすぐ終わりですねぇ。平成から令和に変わり,初めての年末・年始を迎えます。今年は,本当に色々なことがありましたね。大学入試関係でも色々な事がありました…とにかく,「何が何でも絶対に来年は素晴らしい年にするぞぉっ」て気合いが入った,そんな1年間でした。

 実はこの記事を書いているが12月13日。そして,大学入学共通テスト 国語・数学の記述の取り止めについての速報を知ったのが12日の午前0時頃。そして,記述取り止めの決定が正式発表されるのが来週という,そんなタイミングで書いています。

 記述の取り止めによって,大学入学共通テストがどうなるのか。記述部分がなくなるだけで,他は試行試験で出たような問題のまま実施となるのか。それとも,「完成形-記述部分=いびつな問題」となることを懸念して,「センター試験型」での実施とするのか。

 英語は,「大学入学共通テスト」としての民間試験利用は延期になりましたが,国語と数学に合わせて,センター試験には戻さず,「大学入学共通テスト型」での実施となってましたが,記述がなくなる今,英語は本当にこのまま「大学入学共通テスト型」で実施されるのでしょうか?

 早々に発表して欲しいですし,早々に発表されると思うのですが(あなたがこの記事を読んでいるときは,発表されているかもね),その発表がまた覆らないとも限らないとも限らない…。そんな気持ちになってしまいます(センター型に戻したならば「共通テスト型にしろ」という声が上がり,共通テスト型を継続するならば「センター型に戻せ」という声が上がりそうで…。)。

 じゃあ,高校2年生・高校1年生は何をやったらいいんだよ!!! そんな声が聞こえてきそうだけど,それは「おかしな質問」ですね。なぜなら,どんな試験でも,やることは基本的に変わらないんですよ。単語と熟語を覚え,基本的な文法の機能を理解し,さらには読解力をつけてリーディング力を養う。音を使った音読トレーニングなども習慣化し,リスニング力を磨く。そうやって身につけた知識を実際に使って,スピーキングやライティングにも磨きをかける。そうやって,総合学習的に英語を勉強する。それは,どんな試験でも変わらないし,変えてはいけない部分。

 例えば,センター試験でも,大学入学共通テストでも,英検でも,もちろん他の資格試験でも同じなんだけど,英文を読むってことは「英文を訳す」ってことじゃないよね。英文を読むってことは「英文の内容を理解する=テーマと流れをつかむ」ってことだよね。それが,センター試験や大学入学共通テストでは,内容一致の選択問題になっていたりする。そして,英検だとこんな問題になっていたりする。せっかくだから,ちょっと解いてみてね。

著者プロフィール
大岩ヒデキ先生

大岩秀樹先生

東進ハイスクール・東進衛星予備校の英語科の人気講師。英語が苦手な生徒を英語好きに変えてしまうという、情熱とユーモアあふれる わかりやすい授業は大好評。レベルを問わない「本物の基礎力」の養成にこだわった英語力アップを唱え参考書の執筆等も手がけている。血液型:B型。福島県出身。 主な著書に『大岩のいちばんはじめの英文法(英語長文編)』(東進ブックス)、「高校 とってもやさしい」シリーズの『英文法』『英文解釈』『英語のワーク』(いずれも旺文社)。2015年4月21日に『高校 とってもやさしい英文法 改訂版』が刊行。

大岩ヒデキ先生の「英検2級プラスα」の英語力を身につけよう! 記事一覧

英語外部検定利用入試特集に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

7月のテーマ
毎月中旬更新

[難関大学]合格する人/落ちる人の特徴

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中