page_top

2019年・第2回: 基礎固めの完成度をチェックするには最適! 英検®2級レベルの「Reading」問題に挑戦しよう!

  • 大岩ヒデキ先生の「英検2級プラスα」の英語力を身につけよう!
  • [2019/5/20]

 GWも終わって,日差しは強さを増してきました。もう夏休みまではまとまった休みもないし,受験生は本腰を入れて「基礎固めを終わらせる時期に突入」って感じですね~。

 …ってな話をすると必ず出てくるのが「基礎固めって,具体的に何をすればいいの?」という質問。確かに,「基礎をやれ! 基礎を固めろ! 基礎力の完成だ!」ってあちこちで言われるけど,ソレが何なのかって意外と誰も教えてくれないんだよね(言っている方も実は知らなかったりして…)。

 基礎固めって言うのは,「易しめの問題をバンバン解いて,解答の瞬発力を高める訓練」のこと……『ではない』からね! 大切だから,もう一回言っておこうかな。『ではない』からね!! 証拠と言ってはなんだけど,泣く子も黙る和英辞典「オーレックス」にはこう載っているぞ。

【基礎】
・base:土台となる構造,出発点として全体を支えている基盤
・basis:知識・理論・意見など抽象的なものの基本となる考え方
・basic:学問・教育などで最初に習得すべき基礎となる部分
・foundation:永続的で強固な基盤. 建物の「基礎」の意味ではしばしば複数形
・groundwork:計画・行動などの成功のために準備して行う基礎作業
                 (※「オーレックス和英辞典 第2版(旺文社)」より引用)

 …気がついたかな? 基礎の意味には「簡単」「易しい」「大岩」などとは書いていないのだよ。むしろ,どれを見ても「無いと困る,根本的な,考え方の土台となる知識」的な雰囲気しかしてこない! それが基礎。つまり,基礎を固めるということは,『英語学習において欠かすことのできないほど頻繁に使用する語彙・文法・構文・英文構造などを理解し,音源を用いた徹底的な反復音読で使えるレベルに持っていく』ということなのだよ。

 ん? 基礎固めが完成してきたかどうかはどうやってチェックすればいいのかって? それをキミは,この大岩ヒデキに尋ねるのかね?…よろしい(なんか偉そうだけど,気にしてはいけない)! その答えはコレだ!!!


英検2級レベルの「Reading」問題に挑戦!

 「でたでた! また英検ですか?」っていう声が聞こえてきそうだけど,このコーナー,英検の話をするコーナーなんで。。。ただし!!! “英検推し”な理由は,英検の話をするコーナーだからというわけじゃないぞ。特に英検2級は,基礎固めの完成度をチェックするには最適な素材!!! しかも,正しく勉強すれば,Readingの勉強をしているつもりでも,4技能のレベルが上がってしまうという試験,それが英検なんだよ。ウダウダ言うよりも『論より証拠』ということで,まずはこのReading問題に挑戦してみてほしい。

著者プロフィール
大岩ヒデキ先生

大岩秀樹先生

東進ハイスクール・東進衛星予備校の英語科の人気講師。英語が苦手な生徒を英語好きに変えてしまうという、情熱とユーモアあふれる わかりやすい授業は大好評。レベルを問わない「本物の基礎力」の養成にこだわった英語力アップを唱え参考書の執筆等も手がけている。血液型:B型。福島県出身。 主な著書に『大岩のいちばんはじめの英文法(英語長文編)』(東進ブックス)、「高校 とってもやさしい」シリーズの『英文法』『英文解釈』『英語のワーク』(いずれも旺文社)。2015年4月21日に『高校 とってもやさしい英文法 改訂版』が刊行。

大岩ヒデキ先生の「英検2級プラスα」の英語力を身につけよう! 記事一覧

英語外部検定利用入試特集に戻る

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中