page_top

学生約100人が由良町内でフィールドワークを実施

摂南大学

  • 2017.9.11

 摂南大学は和歌山県由良町と「大学のふるさと」協定を結び、地域活性化のためのさまざまな取り組みを実施している。その一環として、ソーシャル・イノベーション副専攻課程配当科目の「地域と私」を履修する1年生約100 人が、地域の現状や課題を認識し、主体的に地域にかかわることの重要性を学ぶことを目的にフィールドワークを実施した。

 フィールドワークには「地域経済・経営」「地域政策・文化」「地域環境・防災」「地域医療」の4つの領域があり、学生がそれぞれのグループに分かれ実施。「地域経済・経営」では同町の観光施策の課題について説明を受けたのちに観光スポットを見学、「地域政策・文化」では教育委員会の担当者から高齢者スポーツの現状と今後の課題について話を聞いたあと、高齢者向けの健康体操の内容について体を動かしながら考えた。「地域環境・防災」の領域では自主防災組織の取り組みや空き家の現状・課題などについて説明を受け、「地域医療」の分野では由良町の地域福祉についての説明を受けたほか、デイサービスの現場見学、高齢者とのレクリエーションなどを実施した。

 地域を舞台にした学習を行った学生たちは、ここで得た気づきを今後の学びに生かしていく。

記事画像
デイサービスセンターで由良町の地域福祉について説明を聴く学生たち

この記事は「螢雪時代(2017年9月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“摂南大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中