page_top

盲学校用建築模型の製作で「小さな親切実行章」を受章

熊本大学

  • 2017.8.30

 熊本大学の工学部建築学科の学生を中心とする「盲学校用建築模型製作チーム」が、去る6月、公益社団法人「小さな親切」運動熊本県本部より「小さな親切実行章」を授与された。

 受章内容は、校舎の配置を触って確かめる建築模型と、都道府県の形や位置を触って学べる音声式の日本地図を製作し、県立盲学校に贈呈したこと、および2011 年から盲学校向けの教材開発に取り組み、音声で点字を学ぶ教材なども贈呈していること。今回は建築模型チームだけでなく、日本地図や音声点字教具などのさまざまな教材を開発し、盲学校に贈呈している工学部公認サークル「盲学校教材開発サークルSoleil(ソレイユ)」の活動も含めての受章となった。

 盲学校用建築模型は、盲学校の要望を受けた技術部職員の呼びかけで集まった学生6名が、盲学校の教員たちと調整を重ねながら開発したもの。昨年、県立盲学校に寄贈して以来、教材として高い評価を受けており、全国の盲学校から新たな製作依頼が届いているという。チームは、その要望に応えるための活動を始めており、学生が建築技術で社会貢献する新しい取り組みとして期待を集めている。

記事画像

この記事は「螢雪時代(2017年9月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“熊本大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中