page_top

町内会の花壇づくりにボランティアとして参加

札幌大学

  • [2017/8/7]

 札幌大学のボランティアサークル「ユニセフネットワーク」の学生が、西岡第一町内会と協力して花壇づくりを行った。これは、札幌市豊平区が主催する「とよひらHANA-LAND事業」の一環で実施。札幌大学に面した水源池通り沿いの街路樹に花壇を整備しているが、高齢化が進んで人手が足りないことから大学に打診があり、普段からユニセフ募金活動を通じて世界の恵まれない子供たちのために活動している同サークルに参加を呼び掛けて始まった。2012年から毎年、町内会と共同で行っており、今年はマリーゴールドの苗を植えた。

 札幌大学ではボランティア活動を積極的に推進。地域住民との世代間を超えて交流することがよい刺激となると考え、地域貢献に努めている。毎年参加している学生は「地域の方々とかかわり、自分たちの活動が地域に役立っていることが感じられよい経験になっています。今後も継続していきたいと思います」とやりがいを実感。これからも近隣地域とのかかわりを深めていくつもりだ。

記事画像
大学と町内会が共同で花壇づくりを行い、マリーゴールドの苗を植えた

この記事は「螢雪時代(2017年8月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2020年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、 素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月7日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“札幌大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中