page_top

健康増進を目的としたオリジナルストレッチを開発

大阪市立大学

  • 2017.7.31

 大阪市立大学は都市健康・スポーツ研究センターの地域・産学連携委員の教員と共同で、主に学生・教職員の健康増進を目的としたオリジナルの「市大ストレッチ」を開発した。

 このストレッチは、授業後や会議後に気軽に実施でき、椅子に座ったまま身体をほぐすことができるように考えられたもの。プログラムは筋硬度計で筋緊張の改善効果を確認したうえで作成されている。授業や会議の終了後にレクチャー動画を再生し、その場にいる全員で実施することで、疲労(肩こり・眼精疲労など)の回復や作業効率の改善に役立つだけでなく、参加者の一体感を生むことも期待されている。

 開発に至った背景は、同センターの教員が、授業中における学生の姿勢の悪さを危惧したことから。発案した横山久代准教授は「教壇から見て、猫背、ノートと目の距離が近いなど、授業中の学生の姿勢が気になっていました。皆さんには『市大ストレッチ』を通じて、日々の生活習慣で想像以上に負担を強いている身体を、明日の元気のためにリセットするためのセルフケアの術を身につけてもらいたいと思います」と話している。

記事画像
学生・教職員など総勢約200名が出演するレクチャー動画も制作。YouTube公式チャンネルで公開中

この記事は「螢雪時代(2017年8月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“大阪市立大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中