page_top

学生が手がけた観光PR映像を三好市にて上映

四国大学

  • 2017.7.11

 4月に徳島県の三好市第2分庁舎にて、四国大学経営情報学部メディア情報学科の学生が「メディアプロジェクト演習」の授業で制作した三好市観光PR映像の上映会が行われた。

 上映されたのは、昨年11月に学生27名(現4年生)が三好市にて撮影した観光PR映像作品。学生たちは5班に分かれて観光名所を訪れ、4Kカメラとドローンを使って、「奥祖谷二重かずら橋」「落合集落」「かかしの里」「祖谷渓」「黒沢湿原」「龍頭の滝」「箸蔵寺」など、自分たちが紹介したい市の魅力を伝えるスポットを撮影。映像素材をつなぎ、音楽やナレーションを入れる編集作業を経て、7分38秒の映像作品に仕上げた。

 同上映会には、学生代表者3名のほか、三好市の黒川征一市長や、三好市観光部次長兼観光課長の大西裕之氏などが参加。上映後は市長から学生に向け、お礼の言葉や三好市グッズなどが贈られた。

 この「メディアプロジェクト演習」では、映像制作技術を地域に生かすプロジェクトの実施を通して、クライアントの要求を満たすための映像制作過程を実践的に学んでいる。メディア情報学科では、今後も同様の機会を生かし、地域のためになる映像づくりを推進していく予定だ。

記事画像
上映会では、約30名が観光PR映像を視聴した

この記事は「螢雪時代(2017年7月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・8月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

学校ニュース 記事一覧

“四国大学”の関連記事一覧