page_top

医師の総合力を磨くサークル「プライマリ・ケア勉強会」

大分大学

  • 2017.7.4

 大分大学医学部のサークル「プライマリ・ケア勉強会(OMPS)」では、医師としての総合的な診療能力を養う活動を行っている。

 プライマリ・ケアとは「身近にあって、何でも相談にのってくれる総合的な医療」(日本プライマリ・ケア連合学会)とされる。例えば地域の診療所や病院の総合診療科の医師は、患者の症状から病気を的確に診断し、必要であれば適切な診療科(専門医)に紹介を行う。そのためには幅広い知識と診断技能が必要。このサークルでは、その基礎となる教養・知識に触れ、診断に必要な手技をトレーニングすることができる。

 サークルの活動の柱は3つ。「ランチョンセミナー」では、各メンバーがそれぞれ興味をもっている担当領域をプレゼンテーションし、昼食をとりながら皆で議論する。鑑別診断の基礎、医療の歴史、医療面接について学ぶ回などがある。「身体診察」では、シミュレーション用の機械を使って呼吸音や心臓音の確認など、将来の診察に必要な手技を訓練する。そして「夜話会」では研修医や指導医の先生を招き、現場での体験談などを聞く。

 高齢者が増えている日本では、一人の患者が複数の病気を抱えていることも少なくないため、サークルでの経験は「将来医師になったときにきっと役立つ」という。

記事画像

この記事は「螢雪時代(2017年7月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“大分大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中