page_top

教職課程生が企画・立案した高校生対象の福祉講座を開講

山口県立大学

  • 2017.6.22

 山口県立大学社会福祉学部で教職課程を学ぶ学生と、社会福祉学部学生ぷちボランティアセンターが主催する高校生対象の福祉講座「はーと♥ふくし講座」が、昨年に引き続き、今年度も開講された。

 今年で2回目を迎える同講座の開講のきっかけとなったのは、3年次に「福祉科教育法」を受講した教職課程生が、授業内で模擬授業を経験する中で、「地域の高校生に『福祉』を伝え、福祉の輪を拡げる実践をしてみたい」という思いをもつようになったことから。講座の企画・運営は教職課程生が担当し、当日も学生スタッフとして参加。グループワークやアクティブ・ラーニングを導入した学習プログラムを行い、高校生と交流を図る。

 今年度は「ふくしってなに?」「共に生きる、共に学ぶということ」などをテーマに、4・5・6月の3回にわたって実施され、いずれも多くの高校生が参加。教職課程生と共に学び合った。

 また9月には、ボランティア活動のエピソードを高校生と共有する「はーとボランティア講座」の開講も予定されている。

記事画像
高校生とグループワークに取り組む教職課程生

この記事は「螢雪時代(2017年7月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“山口県立大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中