page_top

学生ボランティアサークルが、地域親子との交流会を開催

高松大学

  • 2017.5.29

 高松大学の子育て支援学生ボランティアサークルと、地域に暮らす親子の触れ合い交流の場を設ける事業「たーちゃん 絵本ひろば」の第3回が、3月に開催された。

 このプロジェクトは、地域の子育て支援に資するため、学生主体で、同大学附属図書館の児童図書を利用したお話会や遊びなどを展開するもの。当日は、地域の子どもや保護者など約100 名が参加し、大型絵本やペープサート、「春の大へんしん! ひらひらちょうちょのカレンダー」の制作など、親子でできる遊びで学生たちと交流した。

 開催にあたっては、企画から制作材料の準備、読み聞かせや体遊びの練習、環境づくりまで学生が協力し合って進行。ほかに香川県立石田高等学校の生徒4名も参加し、ともに活動した。サークル代表を務める今津恵子さん(発達科学部3年)は、「今回もたくさんの子どもの笑顔を見ることができてやりがいがあった。これからもイベントをますます充実・発展させていきたい」とコメント。なお、今年度の「たーちゃん 絵本ひろば」は、7月、12月、3月に開催が予定されている。

記事画像
参加者に大型絵本を読み聞かせする学生たち

この記事は「螢雪時代(2017年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“高松大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中