page_top

先生と学生との共同作品が、全日本DM大賞グランプリ受賞

滋賀県立大学

  • 2017.5.26

 第31回全日本DM大賞で、滋賀県立大学人間文化学部生活デザイン学科の山田歩助教、藤木庸介准教授、三輪あさひさん(当時4年生)の作品がグランプリを受賞した。地元の工務店が新築住宅のお客さんに新居完成のお祝いとしてプレゼントするカード「ミニ新居」が受賞作。カードを開くと“飛び出す絵本”のように新築した家が飛び出し、横にはそこに住む家族の似顔絵が添えられている。これを転居や新築のお知らせとして使ってもらうことで、工務店の認知度を高めようというもの。山田助教と藤木准教授が考えたアイデアをもとに、山田研究室所属の三輪さんが卒業制作として取り組んだ。

 三輪さんは、紙で作る“飛び出す新居”や家族のイラストを担当し、新築14軒のカードをデザイン。お客さんから友人に向けて送られる220通のカードも制作した。「切るのも折るのも手作業なので、制作が終わると指が震えるほど疲労していた」とのこと。でも「グランプリを受賞でき、本当に頑張ってきてよかった。ミニ新居は“相手に喜んでもらえるモノづくり”“自分がもらってうれしいモノづくり”を念頭に取り組んできたので、これからもその姿勢を大切にしてモノづくりに携わっていきたい」と語っている。

記事画像
一つひとつ手作りされた心温まるDM

この記事は「螢雪時代(2017年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“滋賀県立大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中