page_top

学生主体のプロジェクトで、廃村の危機にある村を再生

福井工業大学

  • 2017.5.25

 福井工業大学では、学生たちが自ら「やってみたい」という工学的プロジェクトに学内のファクトリーを開放し、工作機械などを自由に利用してモノづくりに取り組んでもらう「SSL(Student Space Laboratory)プロジェクト」を推進している。

 このSSL プロジェクトでは、現在「鳥人間」や「マイコンカーラリー」のプロジェクトのほか、工学部の建築土木工学科と環境情報学部のデザイン学科が融合した設計デザインプロジェクトなどが進行中。また、学生主体のプロジェクトの中でも注目なのが「小原ECOプロジェクト」だ。福井県勝山市の小原集落は、廃村の危機に瀕した限界集落だが、この地には石垣を積んだ敷地に特徴的な民家が立ち並ぶ、美しい景観が残っている。このプロジェクトでは、工学部建築土木工学科の学生たちが大工の棟梁の指導を受けながら、古民家の修復に挑戦。活動はすでに11年目を迎えており、2015年度には総務省の「ふるさとづくり大賞」の最高賞である内閣総理大臣賞を受賞した。

 学生たちが村再生の夢をかけて修復した民家は、農林体験のエコツアーや海外ボランティアの拠点として活用されている。

記事画像

この記事は「螢雪時代(2017年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“福井工業大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中