page_top

IoT技術を車いすに応用して、障がい者にやさしい観光地に

長崎大学

  • [2017/5/22]

 さまざまなモノがインターネットにつながる「IoT」の技術を使って「長崎を世界一、障がい者にやさしい観光地に!」という目標を掲げる、長崎大学工学部工学科情報工学コースの小林透研究室。同研究室では車いす利用者向けのバリアフリーストリートビューを研究している。

 これは、普段使っている車いすにセンサーやカメラを装着することで多くの車椅子利用者から情報を集め、それをストリートビューに変換してスマホで見られるようにしようというもの。これにより、雨の日の道路の状態を事前に確認できたり、トイレなどの設置場所を検索して、車いす利用者でも目的地まで安全にたどり着けるルートを表示することができたりするようになるという。

 データをバリアフリーストリートビューに変換するシステムはすでに開発。まだ実用化には時間がかかるとのことだが、「障がい者にやさしい観光地を長崎から日本中に広げ、さらに、東京オリンピックでそれを世界中に発信したい」と小林教授と研究室の学生たちは願っている。


記事画像

この記事は「螢雪時代(2017年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2020年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、 素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月7日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

大学ニュース&データ 記事一覧

大学ニュース&データ 記事一覧に戻る

“長崎大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中