page_top

パリのユネスコ本部を訪問し、職員とワークショップを実施

神戸大学

  • 2017.5.18

 神戸大学の国際文化学部(現・国際人間科学部)では、学生の海外研修として、3月にパリのユネスコ(国連教育文化科学機関)本部を訪問し、「文化表現の多様性条約」の普及状況の分析をテーマに、ユネスコ職員とのワークショップを行った。参加学生は事前にユネスコから提示された英語の文書を精読し、実際の事例を調査・分析してレポートを提出。当日は、そのレポートをもとにディスカッションを行った。その後、一行はヴェネツィアに移動し、ユネスコ・ヴェネツィア事務所で文化財保護の課題を学び、現地でのフィールドワークを実施した。

 この海外研修は、早い時期から学生に海外経験をもたせ、長期留学のモチベーションにつなげることを目的としたもの。これまでにもEU、OECD などの国際機関を訪問し、職員とのワークショップを実施してきた。国際文化学部は2017年4月より国際人間科学部に再編統合されたが、同学部においてもユネスコでのワークショップを予定しており、今後は学部教育の一貫として、専門性の高いレベルの議論を行う方向で進めていきたいという。


記事画像
ワークショップはすべて英語で行われた

この記事は「螢雪時代(2017年6月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
現在、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中!!

年間10か月以上(2018年3月号までの範囲で継続)定期購読される方が対象です。 「5月号(発売中)から2月号まで」あるいは「6月号(5/13発売)から3月号まで」のどち らでも、お申込みいただけます。 ぜひ、ご利用を!

学校ニュース 記事一覧

“神戸大学”の関連記事一覧